Thunderbird3にアップデートするときのトラブル

Thuderbirdを3にアップデートしました。しかし、新しい機能でトラブル発生。

メールのダウンロードとインデックスを作成するために時間がかかるのです。

メールのダウンロードはオフラインでThuderbirdを使わなければ必要ありません。オフにします。自分の場合、IMAPで数万件のメールがありますので、ダウンロードするととても時間がかかります。しかし、モバイルのPCではダウンロードをオンしています。ダウンロード完了までに、6時間以上かかりました。

メールを頻繁に検索しなければ、こちらもオフにしておきます。夜中でも時間があるときにでも、オンしてインデックスを作成しておきましょう。メールの検索はGmailで実行すると考えれば、これも必要ありません。

とにかくメールのダウンロードとインデックスを作成で、とてもPCの負荷が上がってアップデート直後は仕事になりません。しかも、デフォルトでオンになっていますので、メールが沢山保存している方は、注意が必要です。POPで受信して、メールを絶えず削除している人は問題ないかもしれません。

メールの表示に時間がかかるという問題がありましたが、これはアカウントを一度削除して、再度作り直せば直りました。フィルターの設定が消えてしまうのが難点。フィルターのインポートはできそうですが、エキスポートはどうやるのでしょうか?IMAPサーバーにプロセスが残ってしまうので、IMAPサーバーを再起動。

一番のThuderbird3の使いにくいところは、何回も書いていますが、「フォルダを既読する」のキーボードショートカットがなくなったこと。これは復活してもらいたいものです。mozilla.orgのヘルプページには残っているのですが、これはバグなのでしょうか? それとも前のバージョンのヘルプのままでしょうか?