地元の神社の人が廻っているけど

年末になったので、地元の神社の人が近所を廻っているようだ。おそらくお札でも売っているのかな?

ドアフォンごしの会話。

「網島○○神社のものですが・・・。」

いつものごとく、内容を聞かずに断る。

「年始に伺いますので大丈夫です。」(初詣に行くのは本当)

大抵はこれで終わるのだが、よく考えると、神社は綱島○○神社なのよね。何で”あみしま”なんだ。

隣の家にもピンポン鳴らした会話が聞こえてきたので、よく確認したけど”つなしま”ではなく”あみしま”と言っていた。

本物でしょうか? 詐欺の人ではないよね。本当の神社の人だったら、自分のところの神社の名前なんて間違えないのだけど。

単に神社のお手伝いの人が、外からやってきたのでしょうか? だったら、神社の名前くらい正確に覚えてから廻ったらいいのにね。

投稿者:

avatar

ando

50過ぎてもプログラマーの気持ちを忘れない。