格安SIMでも違いがあるのかな。

最近一度に3枚も格安SIMを買ったけど、IP電話での音声の品質の違いがありそうだ。格安SIMカードは、どれもドコモの回線を使っているけど、その先が違うということなのか。

3枚のうち2枚をスマートフォンに入れて、フュージョンのIP電話で使っている。一枚はNTT系のプロバイダのSIMカードで、もう一枚は格安の中でも本当に格安なSIMカード。SMS月で月800円というカード。

NTT系のSIMカードではIP電話では問題ないけれど、本当に格安なSIMカードは音は割れるは遅延が激しいやらで今は使いものにならない。IP電話アプリでもっと調整が必要。

調整してでもだめであったら、解約してNTT系のSIMカードに交換しないといけないかもしれない。あと、考えられるのはスマートフォン本体かもしれない。

実は、この本当に格安なSIMカードは、スマートフォンメーカーのお勧めSIMカードだったのに残念かもしれない。

こんな調子だから、いろいろ試して覚悟して問題をクリアできない人に格安SIMなんて残念な結果になるからお勧めしないほうがいいかもな。

格安SIMのお得な使い方–本当に安いか飛びつく前に考えよう
毎月の通信コストを下げると言われている格安な通信・通話料のSIMが話題になっている。毎月1000円以下で利用できるSIMカードは夢のカードのように見えるかもしれない。

投稿者:

avatar

ando

50過ぎてもプログラマーの気持ちを忘れない。