HAMLOGでRemark項目から印刷するように設定する。

HAMLOGの印刷機能で、Remark項目の文字列を備考としてカードに印刷するように*.QSLファイルを変更してみました。

備考欄に印刷する項目の優先順位は以下の通りとします。

  1. 印刷ダイアログのコメント
  2. Remark1の$A=文字列 $で指定された文字列
  3. Remark2の$A=文字列 $で指定された文字列

本当は、順番に備考欄に印刷できればいいのですが、印刷位置が絶対座標らしいので、今回はいづれか1つにします。

例えば、Remark2に

$A=2009年QSOパーティー $

と指定しておけば、QSLカードの備考欄に

2009年QSOパーティー

と印刷します。

印刷定義ファイルは以下の通りです。

? Space "!Co"    ; 印刷ダイアログにコメントが無かったらジャンプ
#Goto *201
#Print  20, 564, "Rmks: !Co"            ;備考
#Goto *200
*201
? Space "!R1$A"    ; Remark1に$Aがなかったらジャンプ
#Goto *202
#Print  20, 564, "Rmks: !R1$A"            ;備考
#Goto *200
*202
? Space "!R2$A"    ; Remark2に$Aがなかったらジャンプ
#Goto *200
#Print  20, 564, "Rmks: !R2$A"            ;備考
*200    ; ジャンプ先

印刷位置の座標は、デザインに合わせます。ジャンプ先の番号は使っていない番号を指定します。

何だか久しぶりにプログラムでGoto文を使いました。学生時代のFORTRANかPascal以来ですね。懐かしい・・・。

投稿者:

avatar

ando

50過ぎてもプログラマーの気持ちを忘れない。