カテゴリー
Google +

Raspberry PiでWeminがインストールできなかったのは

この記事の続き

Raspberry PiでWeminがインストールできなかったのは、単に私の辛抱が足りなかったようです。apt-getを叩いて2時間ほど放っておいて、気が付いたらインストールできていました。そんなもんなんでしょうね・・・。

でも、Raspberry Piでサーバーを作るのは意外と楽チンだな。今度はNginxのリバースプロキシサーバーを入れている大昔のキューブPCを入れ替えるかな。

カテゴリー
Google + インストール システム関連

Raspberry PiでNASを作ってみる

秋葉原に行けたので、秋月に行ってRaspberry Piを買ってきた。店員さんに言われるままに電源とUSBのケーブルを購入する。

秋月の店員さんから「USBケーブルはこの太いものではないと保証できない。」言われたので買ってみたけど、とても短い。ACアダプターからの取り回しが辛い。これは後で考えてみる。

メモリカードは別の店で安いカードを買ってみたものの、普通のSDカードを買ってしまったのは内緒。マイクロSDカードではないといけなかったのね。手持ちに32GBのマイクロSDカードがあったので良かった。

肝心のRaspberry Piの設定と言えば、玄箱の代わりにNASで使うのでGUIがないRASPBIAN JESSIE LITEのイメージをSDカードに書き込んだ。RASPBIAN JESSIE WITH PIXELのダウンロードが時間がかかりすぎて、我慢できなかったというのはあるけど。

Raspberry Piに差し込んだら、あっけなく動いた。

モニタとかキーボードを付けるのも何だから、電源とLANをつなぐだけでよいように固定IPアドレスの設定をした。sshサーバーは最初から動いていた。ユーザーのパスワードを再設定して完了。

NASで使うために、以前玄箱用に買っておいて失敗したUSBの外部ディスクをつなぐ。こちらも問題なく/dev/sda1で認識する。

「Raspberry Pi NAS」でGoogleさんに聞くと、USBディスクのフォーマットをどういう訳か、WindowsとMacでアクセスするからexFATでフォーマットにしろとか、はたまたNTFSにしろとか出てくるけど、昔の人間だからお構いなしにext4でフォーマットする。この辺りは事情通の人たちからすれば、何かあるのかしらね。

sambaとかrsyncとかのインストールや設定する。Webminがインストールできなかったのは残念。最後にQNAPからRsyncでバックアップをするようにして完了。

あとは熱くならないかチェックしつつ様子見。今のところ大丈夫みたいだけど、ACアダプターとかUSBケーブルが心配だな。

玄箱よりは速いわな。一日一回差分バックアップするくらいだからRaspberry PiでもOKなのですわ。


This post has been reshared 1 times on Google+
View this post on Google+

続きはこちらから

カテゴリー
Google +

050 plusアプリのトラブル

いつの間にか050 plusのAndroidアプリが発信すると異常終了するようになりました。これでは全く使いものになりません。050同士は無料なので、自宅やツレに電話するときに使えません。

わかっている異常となる現象は以下の通り。

・発信するときに発生。
・Wi-Fiでもモバイルでも発生。
・つながる前にエラーメッセージが表示。

テスト発信でいろいろ試してみると、以上よりも致命的なことがわかりました。

・スマートフォンを耳に当てるとエラーが発生する。

つまり、どうも近接センサーが感知するとエラーとなるようです。発信してから耳に当てる代わりに、画面に手をかざすと100%エラーになりました。

これはOCNサポートに連絡する前に、アプリのトラブル回避の定石の再インストールをやってみました。すると、050 plusで問題なく発信できるようになりました。

これは何だったのでしょうか? おそらく、また同じようなトラブルが発生するような予感がします・・・。

050 plus | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

View this post on Google+