カテゴリー
サポート システム関連

ATOKの質問をしようとジャストシステムにしようとしたけど電話しかないのねと、ATOKは文節区切りの色の障害が修正されそうにないから乗り換えようかな、という話し

ATOKでChromeとかEdgeで漢字変換したときに、変換の文節区切りが表示されない障害というかバグの件、ずっと修正を待っていましたが、全く改善されそうにありません。文字を入力して変換しても、文節区切りがわからないので、一発目の文節の区切り方が失敗するとお手上げです。

もう、何とかならないかと思ってサポートに連絡しようにも電話しか連絡手段がなさそうです。

[042605]お問い合わせ窓口について(パッケージ・ダウンロード製品などをご利用のお客様)

チャットとは言いませんが、メールかWebフォームで受け付けてくれれば、電話で待たされるということもないのではと思います。どうせ、新型コロナの影響で、電話サポート窓口も絞っているかもしれないので、どんどん電話が繋がらないかと察します。

この障害はFirefoxでは出てません。Firefoxでは正しく色付きで文節の区切りがわかります。皆さん、ATOK+Chrome or Edgeで満足して使っているのでしょうか? もし、私のところだけの問題だったら、解決法を教えて下さい。

最近は、GmailとかWordpressの記事作成とか、ブラウザで文字入力をすることが多くなっています。ブラウザで正しく文字変換の操作ができないとなると、ATOKをそろそろ使うのをやめる機会かもしれません。

ATOKは推測候補が便利で使っています。例えば、「ご」と入力したら「ご確認ください」と候補が出てきてShift+Enterで確定できてしまいます。しかし、この機能は、今はGoogle日本語入力でもあるのですね。Google日本語入力が文節区切りが正しく表示されるし、こちらに変えてしまいましょうか。

ずっとATOKパスポートのプレミアムを契約していましたが、Google日本語入力でできないことといえば、日本語入力しながら辞書が引けなくなることでしょうか。肝心の日本語変換の精度は、誤入力からの訂正や、入力した文字をこちらで思っていた漢字に気持ちよく変換してくれるところは、さすがにATOKのほうが上です。ただし、今回の文節区切りの障害から考えると、Google日本語入力に切り替えたほうがいいかもしれません。

今は試しにGoogle日本語入力で入力していますが、こちらで問題なければ、このままGoogle日本語入力を使っていきましょう。

追記

ATOKのCtrl+BSで確定後の再変換の機能は、いつの間にか治っていたのね。

カテゴリー
システム関連

最近の本ブログのアクセス傾向を絵にした話し

最近の本ブログのアクセス傾向を絵にしてみた。

今まではアクセスされる記事がはっきりしていて、数本の記事に集中していた。アクセスされる記事の種類も少なかった。

最近は、アクセスされた記事の数が増えている。相変わらず読まれる記事は集中しているが、一日1回しかアクセスされない記事が増えているので、全体のアクセス数は増えている。

どうして、このようなアクセス傾向になったかはわからない。ほぼGoogleからの検索から入っている。更新するとTwitterにも送っているけど、Twitterからの流入は少ない。

記事が最近になって増やしたとかはなくて、1回だけ読まれている記事は、10年以上前の記事ってことがある。たまにそんな昔の記事を読むと懐かしい。

言えることは、継続して記事を書いていくことが大事かもということである。Google+の簡単な投稿も含めて、記事数で3,300を越えた。

ほぼ自分がやったことのメモ代わりというか覚え書きというか、あまり他人には役に立たなそうな記事が多い。でも、意外と自分に役立つ。つまり、自分向けのブログなのである。

仕事の内容のことも書かないし(本業のシステム開発のことはあまり書いていないけど、アパートについては書いているけど)、人の悪口は書かないようにしている(セールス電話については、大いに書くけど)。

そんなことを書いているから継続しているかもな。