使えるねっとからサーバーの引っ越し

使えるネットのサーバーからさくらインターネットにお客さんのサイトを引っ越しする作業を進めています。お客さんのサイトは、使えるネットのVPSの中で別ドメインで運用していたもので、最初にこちらから抜き出して引っ越しをしてしまいます。

決してここでは、使えるネットのサーバーが使えないと言っておらず、自分の作業ミスというかインストールミスというか、いろいろとサーバーに問題が起こってきそうなので、早めに引っ越したほうがいいという決断となりました。そもそも、CentOSの一つ前のバージョンだからWordPressの最新バージョンに対応できなくて、最新バーションに対応するためにいろいろと環境を設定しだしたらコントールパネルがその環境に対応していなかったということで、使えるネットのせいではなく私が悪いのです。Pleskが使いにくいとか、たまにアクセスが重くなるとか、マニュアルが煩雑でわかりにくとか、いきなり英文のメールが届いてその対応の情報がないとか、いろいろありますが、なんだかこれではますます使えるネットは使えないということを暗に言っているようで誠に恐縮です。サポートに連絡すると中1日で回答が返ってきますので、サポートの対応は素晴らしいのです。

お客さんのサイトはメールフォームで送る処理があるくらいで、そんなに引っ越しには面倒がないのですが、ローカルのテスト環境を揃えるところで時間がかかってしまいました。とにかくEclipseの3.7のINDIGOに付いてくるEGitはWindowsでは使えないということをここでメモしておきます。commitの挙動がおかしい。自分のところだけかも。仕方ないので、Eclipseを3.6に戻してしまいました。こちらは問題なくgitを使えます。

ローカルでメールを送信するような環境がなかったので、XAMPPに付いてきたMercuryでGmailにメールを転送するように設定してみました。こちらは使えます。

以上、今日の作業のメモ書きでした。

最近の打ち合わせ時間指定で思うこと。

打ち合わせの約束をしようとすると時間をお互いに決めますよね。最近、業者の人と時間を決めたとき、何度も不思議なことが起こります。相手からこう言われます。

「1時ごろに伺います。」

とか、ひどいときは、

「1時から1時半ごろに伺います。」

とか言われてしまいます。何だかおかしいなと思いながら、素直に

「はい。」

と答えてしまいます。20年以上、働いていますが、そんなコト言わずに、

「1時に伺います。」

と言って、約束は5分前到着、時間厳守としつけられましたが。

最近は、違うのね。携帯電話でいつでも連絡がつけられるせいかな?

曖昧に言われると、その時間あたりで仕事を片付けてずっと待っていなければいけないじゃないですか。区切りを付けられないのがつらいのです。

今度、その業者の人に言ってみようかな。相手は若い人ではなく、ずいぶん年配の人なんだけどね。でも、こんなことをいちいち言うのはメンドクサイのです。

停電復旧後にWindows Updateができなくなった。

台風の影響で、夕方停電がありました。UPSのおかげでサーバーのダウンを免れましたが、PCのほうは間に合わず、電源断となりました。

翌朝ツレのPCを起動すると、Windowsのセキュリティの警告が出ます。ESET Smart Securityは、アップデートできていないと赤くなって怒っています。HTTPSのサイトにはアクセスできなくなっています。例の証明書の問題かと一瞬思いましたが、他のPCではアクセスできていますので違うようです。

原因は、何と

「時間の設定が間違えていたこと。」

でした。たったこれだけ。停電したときに時計が狂ってしまったようです。正しい時間を調整して、インターネット時刻との同期をしておきます。インターネット時刻(いわゆるntp)は、あれかじめ近い時間に手で調整しないと同期してくれません。

しかし、Windows Updateができなくなっています。

「現在サービスが実行されてないため、windows updateで更新プログラムを確認できません。

このコンピューターの再起動画必要な可能性があります。」

と表示されてしまいます。Windows Updateサービスは動いています。Google先生に

windows update サービス 実行されていない

で聞いてみます。すると、

ThinkPad X200のWindows7化で涙目:現在サービスが実行されていないため、Windows Updateで更新プログラムを確認できません。エラーコード 0xC8000247

というページがひっかりました。指示通りWindowsUpdate.logを確認したところ、

““
2011-09-2210:22:50:7281196aa4DtaStorFATAL: Failed to initialize datastore, error = 0xC8000222

2011-09-2210:22:50:7281196aa4AgentWARNING: GetServiceList failed with error 0xc8000222.
2011-09-2210:22:50:7281196aa4AUWARNING: QueryRegisteredProvider failed with error 0xc8000222
2011-09-2210:22:50:7281196aa4AU  # Approval type: Scheduled (User preference)
2011-09-2210:22:50:7281196aa4AU  # Scheduled install day/time: Every day at 3:00
2011-09-2210:22:50:7281196aa4AU  # Auto-install minor updates: Yes (User preference)
2011-09-2210:22:50:7281196aa4AU  # Accelerated install is required
2011-09-2210:22:50:7281196aa4AU  # Power management is turned off through policy
2011-09-2210:22:50:7281196aa4DtaStorFATAL: Failed to initialize datastore, error = 0xC8000222
2011-09-2210:22:50:7281196aa4AUFATAL: Failed to get session from datastore, error = 0xC8000222
2011-09-2210:22:50:7281196aa4AUFATAL: Failed to Unserialize from data store, error = 0xC8000222
2011-09-2210:22:50:7281196aa4AU  # WARNING: Exit code = 0xC8000222
2011-09-2210:22:50:7281196aa4AU###########  AU: Uninitializing Automatic Updates  ###########
2011-09-2210:22:50:7281196aa4AUWARNING: InitAUComponents Failed, will restart AU in 30 mins, error = 0xC8000222
2011-09-2210:22:50:7281196aa4AUAU Restart required….
““

となっていました。

エラーコード0xC8000222で、またまたGoogle先生に聞いてみると、

質問 Windows Update エラー 0xC8000222 リカバリ直後から Update できない

というそのものズバリの回答がありました。この回答の中にあるスクリプトを動かして解決できました。

本栖湖から竜ヶ岳へ登山体験

ずっと通っている本栖湖キャンプですが、今回近くの竜ヶ岳へ登山を体験してきました。

頂上まで2時間かかりました。なにせ登山なんてやったことないので大変でした。大人よりチビのほうが元気でした。

しかし、当日は雲一つない天気ですので、正面の富士山や本栖湖がきれいに見えました。今度はお弁当を持って、また登りたいと思います。

 

以下、写真を並べておきます。おそらく時系列に並んでいると思います。だんだんと登って富士山が見える様子がわかるかもしれません。

 

送信者 メジロ通信(仮称)
送信者 メジロ通信(仮称)
送信者 メジロ通信(仮称)
送信者 メジロ通信(仮称)
送信者 メジロ通信(仮称)
送信者 メジロ通信(仮称)
送信者 メジロ通信(仮称)
送信者 メジロ通信(仮称)
送信者 メジロ通信(仮称)

頂上到着。

送信者 メジロ通信(仮称)
送信者 メジロ通信(仮称)
送信者 メジロ通信(仮称)
送信者 メジロ通信(仮称)
送信者 メジロ通信(仮称)

 

GR Digitalの不具合のリコーから回答

多少我慢すればいいのですがGR Digitalが一つあります。それは、USBの接続設定が覚えてくれない。

送信者 メジロ通信(仮称)

Windows7 64bitを使っていると、USBの接続設定をマスストレージに設定して、USBメモリのようにアクセスしないとGR DIGITALから画像ファイルを取り出すことができません。GR DIGITALのドライバがWindows7 64bitが対応していないため、オリジナルだとアクセスできません。

しかし、USBの設定をマスストレージに設定しても、GR DIGITALの電源を切るとオリジナルに戻ってしまいます。画像を取り込むたびにUSBの設定を変えなければいけません。

リコーに質問してみました。すると2営業日で回答が帰って来ました。メールには

ご回答する内容はお客様個人宛にお送りするものです。
内容を転用する事はご遠慮ください。

となっていますが、たいした回答ではないので書いてしまいます。

回答は、内蔵メモリを初期化しろとのことでした。これだけ。

しかし、初期化しても状況は変わりませんでした。これでもダメだったら修理になるとのことです。

すでに2回もカメラユニットの交換で修理に出していますので、これ以上お金をかけて修理をすることはやめておきます。ファイルを取り出すごとに、面倒ですけど我慢して設定メニューからUSB接続設定をマスストレージに設定します。あー、面倒くさい・・・。

PHPカンファレンス2011に参加してきた。

PHPカンファレンス2011に参加しました。10年近くPHPで仕事をしてきたのに、今回が初めての参加です。

さて、何かとセキュリティが低いと言われているPHPですが、だんだんと開発者が減ってきたのでしょうか? 私は違うような気がします。Webプログラミングでは簡単に入っていけますし、Windowsではないサーバーはとりあえずデフォルトで使えますし、レンタルサーバーを借りた際にはPHPは動かせます。WebプログラマーはPHPで開発できて損はないじゃないかと思います。

さてPHPカンファレンスですが、考えていたよりは盛況でした。あるセッションでは部屋に入りきれずに、別室でUStreamで見ているという、現地に行った意味ないじゃん、と行ったことがありました。こちらは運営の方には改善を願いたいものです。

セッションに感化されてTDDの本を帰りに買ってしまいました。今回はとても刺激になってよかったです。たまにこんなセミナーに参加して、モチベーションを上げていきたいものです。

普段使っているCakePHPは、もう盛り上がっていないのかな・・・。

CakePHP 1.3によるWebアプリケーション開発 オープンソース徹底活用

CakePHP辞典 Pocket詳解

デル営業混乱。がんばれデル。

客先からサーバーをリプレイスしたいという話があって、サーバーの見積りを取る。デルから何台も入れているし面倒がないので、いつものようにデルの担当営業に電話する。

しかし、つながらないので留守電にメッセージを入れておく。それでも、連絡がないのでフリーダイヤルに電話をする。すると担当営業の人が異動して変わったようだ。対応できる法人担当営業が手が空いていないということで、後で電話をもらうことにした。でも、担当営業が変わったという連絡はなかったな。

しばらくすると、今までの担当営業から電話があった。担当が変わったのではないかと尋ねると、大丈夫だからということでサーバーの仕様を伝えて見積をお願いして電話を切る。

またしばらくすると、違うデルの営業から電話があった。今話しを進めているということを伝えて電話を切る。

またまたしばらくすると、今までの担当営業から電話があって、やはり新しい担当営業に引き継ぐので連絡させるという連絡が入る。

またまたまたしばらくすると、新しい担当営業から電話があって、もう一度仕様を説明して、ようやく見積りをもらえることになった。

以上、デルからの登場人物は4人だった。今回は、営業間のコミュニケーションが混乱したことと、担当営業の引き継ぎがうまく行っていなかったことが原因。まあ、一番の原因は、自分の会社がデルにとって、あまり重要な会社ではなかなったから、どうでもよかったということだろうか。

同じサーバーの仕様で別の会社で見積をとったら、かなり高かった。こんな仕打ちをされてもデルに注文しなければ行けないところが、貧乏な会社として少し悔しいかも。

でもデルの担当営業のみなさんは、いつも丁寧に説明してもらっていただけることを付け加えておく。たまにおおぼけかましてくれるけど・・・。

デル株式会社

GR DigitalのADJボタンでフリーズ

GR DIGITALで撮影中、ADJボタンを押すと固まるようになりました。バッテリーを抜かないと戻りません。

送信者 メジロ通信(仮称)

今まで2回もリコーにGR DIGITALは修理を出しているので、もうそろそろ限界でしょうか。

GR Digital ADJ で検索をかけてみると、他のユーザーでも同じ症状が報告されています。GR DIGIALの弱いところかもしれません。修理料金は1万円以上かかるそうです。修理をするかどうかの悩み所です。

追記

電源が入っていないときに、ADJボタンを何回もグリグリ押したり回したりしたら直ってしまった。何ていい加減な。しかし、また同じ症状が出るのだろうな・・・。

ウェブクリマップってこんなやり方で大丈夫なの?(追記)

会社のほうに仕事の関係で電話がかかってくるのはいいのだが、セールス電話はとても困る。先程つづけて2件来た。

大抵はどこかのリストに載っかったもの。以前、雑誌のWeb CreatorのWeb制作会社一覧に載ったことがある。載ったおかげで仕事が舞い込んでくることもなく、セールスの電話が多くなってしまった。掲載はやめてもらった。

今回は、ウェブクリマップというところから電話があった。リストに載せたからよろしくと言われた。以前、メールが来たようが、残念ながらGmailがスパムメールと判定したらしく読んでいない。メールには、リスト掲載の許可のお知らせがあったようだ。何も言わなければ、勝手にサイトに載せるとのこと。

これは、おかしい。普通は希望しない限りは載せないものだろう。デフォルトが逆である。こんな考えでウェブクリマップというサービスは大丈夫なのか? 会社の情報なんて、個人と違って保護されていないので、勝手なことができる。

まあ、今回は電話であらかじめ言ってもらっただけいいのだろうか?

せっかく只でサイトに載っけてくれるからいいじゃないと思うなかれ。Web制作なんてサイトを見て仕事の電話なんてかかってくることはないのです。ホームページをアップして仕事がくるなんて甘いことはないのです。じゃあ何で会社のホームページなんて作るのなんて質問は・・・。会ってじっくり説明しましょう。

追記

ウェブクリマップには削除をお願いしたが、いまだに地図から削除されていない。何ていい加減なヤツらなんだろう。最初がいい加減だと、後々までいい加減なのか。会社の情報なんて、個人と違って保護法なんてないからさ。

追記(2014年8月12日)

ウェブクリマップは今日まで1年間更新していいないようだから、サービスは終了したな。

USB切替器のほうがネットワーク共有より確実かも。

題名通りですが、2台のPCでUSB切替器で共有してみました。プリンタだったらWindowsが何とかプリンタ共有で公開してしまえばいいのですが、スキャナはそうはいきません。

スキャナを共有する場合は、プリンタサーバーの小さな機器でネットワークでつなげばできるかもしれませんが、その名前の通りプリンタサーバーですので、スキャナが共有できるかは保証外です。プリンタサーバーというのもやっかいなもので、クライアントPCに専用ソフトを常駐しなければいけないとか、経験上トラブルが多いものです。プリンタのネットワーク共有も、最初からプリンタにネットワーク対応していれば安心です。

さて、どうすればいいのかと考えたところ、ここは簡単にUSB切替器を入れてしまえということにしました。こちらはハード的に切り替えますので確実です。接続するためのソフトなんてもちろん要りません。ネットワークの設定なんて要りません。購入したのは、サンワサプライのSW-US44H USB2.0ハブ付手動切替器(4回路)です。PC4台とUSB機器4台を切り替えることができます。

送信者 メジロ通信(仮称)

今回は、

  • キヤノンのドキュメントスキャナDR-150
  • カシオのラベルライターEL-5000W
  • エプソンのプリンタEP-301

を付けてみました。ついでにソニーのパソリリーダーも付けましたが問題なくsuicaを読んでくれます。

まあ、結局のところ、USBのケーブルを抜き差しすればいいなんて、ここでは言わないでおきましょう・・・。

SANWA SUPPLY SW-US44H USB2.0ハブ付手動切替器(4回路)