2GBのフラッシュメモリは800MBだった?

サーバーにOSをインストールして、yumでネットワーク経由でインストールできないパッケージ(例えば、webminとか)をインストールするとき、簡単なのはPCでファイルをGETしてからフラッシュメモリでサーバーにコピーすること。これだと、サーバーでSSHサーバーをインストールしなくてもいい。後でゆっくりwebminで設定。

手元のあった2GBのフラッシュメモリ。なぜか800MBしか使えない。ひとまずwebminはサーバーにコピーできたからいいのでですが。やはり気になる。

最初は、FAT32でフォーマットされているかと思ったが、再フォーマットしようとしても800MBしかフォーマットできない。

Vistaのせいかと思って、XPのPCで見たがやはり800MB。

もしやと思って、ディスクマネージャで見てみると、800MBでFAT32でパーティションが切られて、残りは不明なパーティション。

早速、800MBのパーティションを削除して一つにまとめて、再フォーマット。無事に2GBで使えるようになる。

このフラッシュメモリは買ってからそのまま使っている。最初から、こんなパーティションの切り方?

もしかしたら、おまけのアプリケーションでも入っていた?

でも、そうだった説明書も読まずに、2GBのフラッシュメモリを差して800MBだったらクレームものですね。普通の人は、最パーティションなんてしない(できない)し。

サーバー仮想化。ひとまず中断。

DELLのサーバーとiSCSIのTeraStation ISが来て、サーバーのインストールをしています。

しかし、ひとまず考え直しで中断することにしました。 当初の目論見としては、サーバーに仮想化技術を導入して、いくつかのサーバーを立ち上げることを考えていました。TeraStationISは外部のハードディスクとして、仮想化したサーバーを入れることにします。 最初にCentOS5.2の64bit版をインストールします。

仮想化する製品として今まで使っていたVMware Serverをインストールします。今回は、64bit版をインストール。VMware ServerはRPMをインストールするだけで簡単。 新しいバージョンではVMware Management InterfaceというWebブラウザからアクセスできる管理ツールが使えます。こちらからゲストOSをインストールできます。ウィザードで質問を答えるだけで設定でき、仮想化されたCD-ROMドライブにゲストOSのイメージを割り当てておけば、普段のOSインストールと同じ手順でインストール開始です。

ゲストOSとして、ホストOSと同じCentOS5.2の64bit版をインストールします。 ディスク領域もデータストア領域として、TeraStation ISのディスク領域をしてしておけばOKです。すべてのゲストOSの領域をTeraStation ISに置くことができます。

今回は、ファイルサーバー、IMAPサーバーとして内部向けのサーバー、外部へWebサーバーの2つのサーバーをインストールします。 今回は、アカウントを一括してLDAPで管理するため、内部向けにOpenLDAPをインストールします。

以上、ホストOSのサーバーを再起動すると、TeraStation上のLVMで構築したディスク領域が自動認識しないなどのトラブルがありましたが、とりあえずは動き出しました。 しかし、TeraStationのディスク領域にホストOSのファイルシステムを作成して、この上でゲストOSを動かしているので効率悪そうです。

VMware Serverでは、ディスクブロックではなくてファイルシステム上にゲストOSを配置するので、仕方ないかもしれません。Xenのような仮想化を考えなければいけません。 あとは、ゲストOSのバックアップをどうするかとか、ディスクが足りなくなった場合、簡単に増やせるかとかを考えておかなければいけません。なるべく障害で中断される時間を短くするにはどうするかを考えなければいけません。 これからXenのほうを調べてみます。

携帯電話が見つかった。よかった。

auから「重要」の手紙が来ました。内容は「なくした携帯電話が見つかったので警察署に連絡しろ」という内容。とりあえずよかった。

しかし、また名古屋まで受け取りに行くのか・・・・。

ゲームのクレジットカード課金の停止

サポートしているネットワークゲームのクレジットカード課金を停止することになりました。理由はユーザーの減少。クレジットカード課金を代行している会社に支払う毎月の固定料金が利用料を割り込んだためです。

このネットワークゲームは7年もやっています。しかも内容は変わらない。よくもまあー、続いてくれているという感じです。こんな長寿のネットワークゲームはありません。

課金を停止するにあたり、他の課金で継続して遊んでもらうための処理をしたり、アナウンスをしたりの準備をします。最近、他で課金していたインターネットプロバイダもいくつか停止しているので慣れたもの・・・。

このゲームでは最盛期では13の課金を選べましたが、今は半数に減りました。インターネットプロバイダがコンテンツ課金から撤退しているのも原因。

クレジットカード課金ですが、ゲームの使用料のなどの形のないものの課金すると、どうしても手数料が高くなります。

最近注目しているのは、PayPal。何でも課金あり(?)で手数料も安い。以前、カード会社から断られた寄付でも課金OK。審査がどのようになっているかを調べないといけませんね。

今日はチビの運動会

今日はチビの幼稚園の最後の運動会でした。近くの県立の公園のグランドで毎年やるのですが、今年は土日が取れないらしく平日にやるのでした。休めないお父さんがいてかわいそう。

今日は、写真を撮りまくり。ビデオはおじいさんにまかせて、私はデジタルの一眼で撮るのでした。ビデオは10年前のビデオカメラです。バッテリーが持たないので昼でおしまい。ただ、徒競走はビデオを見るとおもしろいです。そろそろ、買い換えでしょうか。

気になる徒競走ですが、前日の練習までは、「僕は3位だよ。」と自己分析していました。何でも、自分より足の速い子が2人いるらしく、この子には絶対勝てないと言っていました。まあ、がんばれとも言わず、「よーい、ドンのドで走っちゃえ。」とか、いい加減なアドバイスを行う父でした。後で、本人に「ズルはダメ。」と怒られました。

当日は、ちゃんとしたスタート。フライングなし。第一コースの内側でしたので、最終コーナーの直前まではトップで通過。最終コーナーの立ち上がりで、本人も前に誰もいないのに気がついたらしく、思わず後ろを振り向いてしまう。これでスピードを落として抜かされると思いきや、そのままゴール。一着でした。これはうれしい予想外でした。

チビもこれで少しは自信を付けたらよろしいかと思います。一つ自信が付いたら、他のことでも自信ももってくれたらよろしいかと。

携帯をなくなったので、いろいろ手続き。EdyをやめてSuicaにします。

携帯電話をなくしたので、いろいろ手続きをしなければいけません。

警察への紛失手続きを行う。これはすぐで駅の交番でできました。戻ってくればいいですが。

続いておサイフ携帯の手続きです。まずはEdyから。

Edyのサポートに電話したところ、なくしたポイントは返ってこないとのこと。5,000円ほどチャージしていましたが、すべてなくなることになります。なんだかくやしい。

続いてSuicaです。こちらもサポートに電話したところ、何と手数料500円ですべて返ってくるそうです。新しい携帯電話で新規登録して翌日5:00に復活です。こちらも5,000円ほどチャージしていましたので、よかった。

ということで、おサイフ携帯はEdyはやめて、すべてSuicaにします。よく使うampmではEdyのほかにSuicaも使えるようになりましたので、Edyをやめても問題ありません。

携帯電話をなくしたので買い換え

昨日、携帯電話をなくしたので買い換えにauショップに行きました。

最近は携帯電話の買い方が2つありまして、auショップの方に説明してもらいました。難しい。

ようは、電話を買い取るか、それとも2年縛りで安く買えるかと理解しました。この理解は当てにならないかも・・・・。

結局はフルサポートコースというのにしました。2年縛りで安くなるほう。

次はどの携帯電話にするかになります。私は電話とメール(受信のみ)が基本で、あとはおサイフ携帯を使います。できればFMラジオも。ワンセグも見ないしau一押しの音楽も聴かないしau Smart Sportsもいらない。あと海外に行って電話しない。FMラジオの機能はは付いている機種は少なくなっているようで、FMラジオはいらないということにしました。

そこで買い換えたのはカシオのG’zOne W62CA。防水携帯。色は目立つようにイエロー。

これで雨の中でも、キャンプ行っても大丈夫。

auショップの方に言われましたが、なくしたら警察に届けたほうがよろしいのこと。しばらくたって見つかることもあるそうです。早速、近くの交番に紛失届けを出しました。見つかればラッキーです。

やはり一番痛いのはアドレス帳をバックアップ取っていなかったことです。auショップの方には見つかれば転送可能と言われましたが、手元にバックアップファイルがない。そういえば壊れたマシンでバックアップ取っていたような。連絡とれない人もありそうです。

携帯電話をなくしてしまいました

携帯電話をなくしてしまいました。

今日は名古屋までおばさんのお見舞い。帰りの新幹線の中で携帯電話がなくしたことに気がつきました。

ポケットに入れているはずですがありません。カバンのなかにもありません。

病院内では電話の電源を切りました。そして帰りに最寄りの駅で電源を入れました。そこまでは覚えています。

おそらく名古屋までの電車のなかで、ポケットからずり落ちたのでしょう。

そろそろ買い換えと思っていましたので、電話は機種変更すればいいのですが、EdyとSuicaにチャージしたお金と、一番痛いのはアドレス帳です。最近アドレス帳のバックアップは取っていない。

ひとまず、回線停止の手続きをとって、明日にでも機種変更の手続きに行きます。

WordPressのRSSフィードの時間がずれるのは、xfy Blog Editorが怪しい?

以前からこのブログで言っているWordPressのRSSフィードの時間がずれる件ですが、どうもxfy Blog Editorが怪しそうです、xfy Blog Editorから記事を投稿したときに時間がずれます。WordPressのサイト管理の画面から投稿すれば、正常に時間が設定されます。

xfy Blog Editorコミュニティでも同じ障害に遭われている方が何人かいらっしゃいました。しかし、xfy Blog Editorの開発元のジャストシステムからの回答は、再現無しということでした。

xfy Blog Editorからのブログ投稿は便利なだけに、時間がずれる障害は小さい障害ですが残念なことです。

現在使っているxfy Blog Editorは個人非商用限定版で無償提供ですので、強くサポートを望めないところですので仕方ないかもしれません。

やっとプログラム完成です。

2週間位かけて、1本プログラムを作成しました。

内容は、値をフォームから受け取って、確認ページで表示して、OKならPOSTで別のサイトに送り込むという、言ってしまえば簡単なものです。

しかし、作成に時間がかかりました。

正常の処理は簡単です。CakePHPを使って1日ほどで動きます。しかし、エラーのチェックがとても面倒。

エラーチェックはCakePHPのvalidates()で行えばいいのですが、なにせ項目数が多いので、とても大変でした。それでも、validates()のおかげで数は多いのですが、まとまって見やすいです。先日の全角の文字数の判定の件もありましたが、正規表現でのチェックもたくさん使っています。

後は、データベースが止まったときの異常系のエラーはどうするかとか、不正な値が入った来たときとか、細々としたエラーのチェックを行っています。

今回はエラーの処理で7割くらいコードを書いています。