PASMOに変えてみました

最近になって、磁気の定期券をPASMOに変えてみました。

最初は、二つの私鉄(東急と東京メトロ)と乗り継いでいるのでPASMOに変更できないと思い込んでいましたが、変更できないのは東京メトロと都営地下鉄の乗り継ぎ割引きがある定期券でした。いつもの思い込みのおかげで、PASMOに変えるのが遅くなりました。

ICカードで電車に乗るのは、SUICAで経験済みですが、PASMOになってJR以外の私鉄にも、一枚のカードで何でも乗れるのは便利です。定期券からの乗り越しもパスネットのカードを別に用意しなくてもいいです。

バスもPASMOに対応しているらしいですが、よく利用しているバスは、まだPASMOは来年対応とのことです。ただし。今のバス共通カードですと5000円で850円おまけになりますので、とてもお得です。PASMOでこのお得感がないとなると、バスカードを使い続けるかと思います。

やはり、便利さよりもお得感が重要かもしれません。850円分、これからPASMOで何かお得感を出してもらえば、完全に乗り換え確定です。

ひかり電話で便利にFAX

最近、ひかり電話FAXお知らせメールを申し込みました。あまりNTTではあまりアナウンスしていないようですが、これは便利という話です。

今のFAX機はプリンタとスキャナの複合機で、電話とFAXの自動切り替えの設定をしていると、呼び出し音が電話機からは鳴らずその複合機しか鳴らないという代物です。だから、複合機のそばにいないと電話がなったどうかわからないという困ったものです。複合機が1階にあるので、2階にいるときには電話が入ったかわからないのです。今までは手動で電話とFAXを切り替えていました。手動ですと、電話が鳴りますので、コードレスフォンで家内のどこでもわかります。しかし、留守にしているとFAXが受け取れないというおかしな状態です。

いろいろ調べてみると、NTT東日本のひかり電話のオプションサービスで「FAXお知らせメール」があるのを知りました。本当は、FAXの留守電のようなサービスですが、ひかり電話の場合、マイナンバーで電話番号が5つまで追加できますので、その一つをFAXお知らせメール専用に割り当ててしまえばよいことになります。

しかし、ここで問題が・・・。一番の問題はNTTの窓口担当者がFAXお知らせメールのついてわからないこと。これは、一番の問題でした。こちらでひかり電話の番号と追加して、そこにFAXお知らせメールに割り当てたいことを伝えましたが、なかなか理解してもらえない。終いには、窓口担当の統括している偉い人に代わってもらって(ここまで一週間かかりました)、ようやく申し込み。FAX機器を接続しないFAX専用の電話番号を取ることができないというNTT担当者の思いこみが、申し込みができないと思われたようです。

後は仮IDを取ったり、NTTからレンタルされたルーターを設定したりで、設定自体は簡単でした。これで、ひかり電話の電話番号は、自宅、会社、FAXの三つを取っています。

でも、FAXお知らせメールは便利です。FAXが届くとメールで知らせてくれますし(サービス名称から当たり前)、FAXはTIFF形式でNTTのサーバーからインターネットに接続できればどこからでもダウンロードできます。それに料金が安いのは何よりです。電話番号追加で100円、FAXお知らせメールで100円で合計200円です。これでFAX機器なしでFAX受信ができます。FAX送信はそのまま複合機でやっていますが、ドキュメントスキャナとFAXモデム(今時あるか??)があれば、FAX送信もFAX機器なしで可能です。

ひかり電話は電話番号が5つまで増やせるのはいいですね。ただし、個人向けの契約ですとレンタルされるルーターには電話機が2台しかつながらないのは注意が必要です。今度はLAN経由でSIPフォンでもつなげてみましょうか・・・。

 

雑誌取材? ところがどっこい・・。

とっても、久しぶりです。サイト構築が2つ重なったり。カゼやらなんらやらと、書き込みできていませんでした。

さてと、今回は雑誌の取材の話しです。カゼで倒れたときに連絡が入っていたらしいのですが、放っておいたら、記者のほうから連絡がありました。

雑誌というのは、プレジデントとか日経ビジネスとかの同じような(自称)経済誌(名前忘れた)。横浜の企業で選ばれたそうな。インタビュアーが先週までは五十嵐●●、今週は矢部●●のタレントさんがつとめるとのこと。一応電話でスケジュール調整までしましたが、最後にやはりというかお金を出せということに。なんだか最後の最後でお金をことを言い出すなんて、これもよくある手ですね。あまり、記者の方もこちらのこともわかっていないようだし(だってアウトソーシングって何ってぐあい)、うさんくさそう。

結局お断り。