ニフティクラウドのドメイン登録の落とし穴

久しぶりにメールを読んだときに「えー!」って叫んでしまった。

発端は、現在お客様がニフティクラウドで運用しているサービスを、他のサーバーに移行する作業を行っていた過程だった。ファイル、データベースの移行のテストを完了して本番のサーバーに移行するまで完了した。そう言えばドメインはどうなっているのだろうと思って調べてみると、ドメインとDNSの両方ともニフティクラウドで運用していた。

ニフティクラウドで管理しているドメインをどうやって他のレジストラに転出するのだろうかと思って調べる。レジストラにドメインを持って行くにはcomドメインなので、

  • 管理担当者メールアドレス(Admin Email) 
  • オースコード(AuthCode) 

の二つが必要である。メールアドレスはお客様のアドレスらしいから、残りのオースコードはニフティクラウドに聞く必要がある。だけど、ニフティクラウドのコントロールパネルから申請できないし、ニフティクラウドのFAQとかGoogleさんに聞いてもわからない。

しかなないので、ニフティクラウドのサポートに連絡してみる。Webサイトから、オースコードを確認する方法か発行する方法を教えて、と送る。

翌日、ニフティクラウドのサポートから回答があった。要約すると、転出はできないよ。ここに書いてあるよ。だった。これにはビックリ。

https://cloud.nifty.com/spec/dns/domain_manage.htm

ということは、一度ニフティクラウドにドメインを登録したら、二度と他には動かすことはできないってことなのね。ずっとニフティクラウドから逃げられないってこと?

再度、これって本当? 理解できないぜ。なんてことを送っておいた。現在、これの回答待ち。

もし、本当ならば、ドメインだけニフティクラウドに残したまま、ネームサーバーの設定を新しいDNSにしておくくらいしかないか。そもそもニフティクラウドのサーバーやDBを削除して、ドメインだけ残すなんてできるのかな? それに料金はどうなるのかな?

今回の教訓としては、説明項目の細かいところをよく読めよ自分、というところかな。あとは、サービスを別のクラウドに移行できないから、絶対にニフティクラウドにドメインを登録するな、ということかな。

追記

ニフティクラウドから回答があって、「将来的にドメインの転出をサポートする。」って。あくまでも将来的にだよね。

新しいGaN (窒化ガリウム)のAnker PowerPort Atom PD 1のケーブル注文をミスした話し

新しいGaN (窒化ガリウム)のAnker PowerPort Atom PD 1が今まで在庫切れだった。AnkerDirectに入荷したという情報が入ったので、amazon経由で早速注文した。

AnkerのUSBケーブルも一緒に注文する。そのときおかしいなと思いながら、USB-C & USB-A 3.0 ケーブル も注文した。それが間違いだった。

翌日に商品が到着したが、 Anker PowerPort Atom PD 1 側が USB-C だった。これでは充電できない。

そういえば、amazonのサイトでは、 Anker PowerPort Atom PD 1 と一緒に購入しているものとしてUSB-C & USB-C 2.0 ケーブルを薦めていた。それをわざわざ USB-C & USB-A 3.0 ケーブル を注文し直していた。amazonをもっと信じなければいけない。おかげでまた USB-C & USB-A 3.0 ケーブルが増えてしまった。

それで再度USB-C & USB-C 2.0 ケーブル を注文し直す。きちんとThinkPadで充電できるかわかるのは明日に持ち越し。

もう一度言っておくけど、 Anker PowerPort Atom PD 1 のUSBの出力ポートはUSB-Cだよ。今までUSBハブみたいにUSB-Aではないよ。製品写真をよく見ればわかるけど・・・。

でも、スマフォに充電するときにUSB-C & マイクロUSBのケーブルなんて持っていないな。Ankerには製品ラインナップないみたいだし。