このままではSassをコンパイル出来なのは困るので、

koalaではなくて普通にSassをコンパイルするようにRubyからイントールした。Ruby絡みのインストールはWindowsではまともに動いたためしがないので、gemとかするのはイヤのだけど。

今回は無事にsassがインストールできた。自動コンパイルも動いた。参考にしたのはちょっと古いけど以下のサイト。

http://cartman0.hatenablog.com/entry/2015/07/14/234157

Reshared post from +Mune Ando

sassをコンパイルするツールのkoalaをなにげにバージョンアップしたらエラーが出た。githubを見たらissueに上がっていた。みんな困っている。Windows10での障害かな? 元のバージョンに戻したら違うエラーが出るわ。

compile error after updating to 2.1.1 · Issue #603 · oklai/koala
Thank you.
I cannot compile scss files anymore. I get the following error with mojibake.
I am on Japanese windows 10 version 1703 build 15063.138.
I felt as the installation went wrong because the …

コンサルタントだったら、最初は話しを聞けよな。あとはそれからだ。

よく出入りしているプロパン屋のおばさまが、突然不動産コンサルタントと称する輩を連れてきた。事前のアポなし。

まあ、これまでのご縁もあることで家の中に招き入れて話しをする。

一方的にコンサルタントと称するヤツが話しをし出すので、すぐさま制して、アパート管理の現状と私に対するコンサルタントというのは役に立たないのをとくとくと説明してあげた。自分のペースで話しが進まないので、だいぶ憤慨しているよう。おかげで連れてきたプロパン屋のおばさまが焦りだした。

しかしながら、こちらの話しのも聞かずにコンサルタントしようとするのもとんでもない。それだと、ただの商品サービスをセールスするだけと同じ。米国の不動産管理の資格の話しとか関係ないしここは日本だし、本来ならこの資料は有料だけどみせてやるとか言われてもそんなのありがたくもないし見たくもないし、とっとをお引き取りいただく。

最後にコンサルタントと称するヤツが言ったのは、「私は建築士で営業ベタで・・・」。って、「あんたはコンサルタントじゃねえのか、営業ベタとか言っているんじゃねえよ」、と追い出した。絶対に、こんな奴には相談しないわ。

プロパン屋のおばさまにも、何かペナルティーを与えないといけないな。当面出入り禁止か。

PS.

プロパン屋の会社に本件について言っておいたら、上司である事業部長から折り返しの連絡が入った。対応が早いのはよい会社。でも、コンサルタントを連れて行けと言ったのは、この部長だった。一担当者のおばさまが、アポなしで能力のないコンサルタントを連れて訪問するというリスクはまったくわからなかったようだ。この部長からもダメダメ臭が漂う。

今回のことについていろいろ話したけど、結論としてはもうプロパンとプロパン設備以外は連絡を寄越さないようにとなった。今後はプロパンガスに関してのみ一生懸命やるとのことだった。わたしもプロパン以外は相談しない。

給湯器のようなプロパン設備は設備のメンテナンスフリーの契約をしているし、別のプロパン会社に切替るのも面倒くさいしね。プロパンだけではたち行かないし、他社のプロパン会社に契約をとられるっているのはわかるけど、プロパン以外でダメダメなこと、まして外の会社に任せたせいで、をやっていたら会社として不味いぞ。

PS2.

その続き・・・。

自称不動産コンサルタントを連れてきたプロパン屋その後

どうして本人確認の控えを保存するのか答えてよ

いろいろあって銀行のクレジットカード機能付きのキャッシュカードを解約して、キャッシュカードのみにした。前のカードを紛失扱いになったのだが、そのとき本人確認が必要になった。とりあえず運転免許証を見せたが番号を控える言う。それって、法律で決まっているのかと尋ねると、支店内で使うからと言う。だったらイヤだと言ったらじゃあいいと言われた。

何なんだろ? と思って待っていたら、窓口の偉い人が来て、やはり運転免許証の控えが必要と言い出すので、窓口で見せるだけでいいと言われたと言ったら、やはりいいやとなった。これまたなんなんだろ?

結局は、キャッシュカードを発行しないと、次にやりたい振込みに手数料がかかるので、キャッシュカード発行には運転免許証の番号を控えないといけないと言い出すので、もうこれ以上面倒なので番号を渡した。

お終いまでどうして運転免許証の番号を保存するのか明確な説明はしてくれなかった。私だったら適当な理由をつけて、例えば当局の監査で本人確認番号がなければ怒られるとか、納得しそうなことを言ってくれれば済むのにな。理由のないことをやってはダメだよ。まして銀行では。

その後に窓口で、キャッシュカード発行の書類を書いていているときに、ここにハンコを押せと言うので項目を見てみると、説明確認のハンコだったもんで、説明されていないのにハンコ押せるかと言ったら、窓口の人は焦りだした。馴れ合いで仕事してはダメだよと言っておいた。

でも、よく考えてみると、運転免許証の代わりに写真入りのマイナンバーカードを見せたら、番号を控えてしまうのかな? まだ、任意のはずだからアウトだろうか? まあ、マイナンバーでの本人確認は拒否されるのかな。今度やってみようかな。

ちなみにその銀行は、地元のboyです。

050plusからぷららフォンで着信できるが通話ができなくなった。解決

050plusからぷららフォンでぷららフォンで着信できるが通話できなくなってしまった。しかも、050plusからの音声は聞こえるが、反対は聞こえない。片方向の通話しかできない。

これは心当たりがある。インターネットに接続しているヤマハのRTX810のデフォルトゲートウェイの設定を変えた。接続はぷららとIIJの2つのセッションがあるため、ローカルPCからインターネットへはぷらら経由、後はスタティックルーティングでIIJにルーティングしている。

ip route default gateway pp 2 filter 500001 gateway pp 1
ip filter 500001 pass 192.168.XXX.0/24 * * * web

今回はLANからHTTPだけをぷららにルーティングしていたため、ぷららフォンに接続できなかったのが原因のようだ。SIP関連の通信nがIIJに行ってしまったようだ。しかし、どうして着信できたか、片方向からしか音声が届かないかは、よくよく考えないといけない。

HTTP以外もぷららに流したら無事に通話ができた。相変わらず音声の品質はよろしくないけど。

ip filter 500001 pass 192.168.XXX.0/24 * * * *

この辺りのトラブルは、最近の対応履歴を見ればよいかとあらためて思った次第で。この記事も履歴の一部。

これでぷららの契約を継続する。ぷららフォンが使えなくなったら、他のプロバイダーに乗り換える奇特なユーザー・・・、

Aterm WG2600HP2 が接続できない、その後

NEWのサポートは回答が早いのだけど、全然こちらが言っていることを理解しくれないようなので話しが通じない。接続が切れるのは、無線LANにつながったPCから設定しているから、しばらくたったら接続し直せなんて言ってくれレから。こちら有線で接続して設定しているのに。結局チャンネルを変えてみろしか参考にならなかった。

そこで、いろいろ設定を変えて試した結果、とりあえずしばらくして接続できないということがなくってきた。まあ3日くらいしか試していないので、しばらくするとまたつながらくなるかもしれないけど。

設定したのは、以下の通り。問題は2.4GHzよりも5GHzがまったくつながらなくなるということ。5GHzの設定で設定する。

・使用チャンネルをW52にする。

自動に設定していれば最適なチャンネルを探してくれるなんて思っていたけど違うみたい。すべてのチャンネルを試してみて、W52が一番まともにつながる。

・TVモードを使用しないにする。

これが一番の元凶みたい。特に使用しないにしても、ストリーミング映像の視聴には影響なかったので使用しないにした。

Aterm WG2600HP2にしたからって、体感的に無線LANが速くなったなんてならないのね。爆速とか書かれているレビュー記事に欺されたって感じ。NTTのレンタルルーターに付いてきたWi-Fiカードとそんなに変わらない。2.4GHzのほうがまだ安定しているし、それだったら買い換えすることなんてしなかった。

NECの無線の中継機まで買ったけど、この様。Aterm WG2600HP2本体目の前でも接続できなくなるから、よくわからない。あと疑うとすると、Wi-Fiに接続する側のZenFone3のほうかもな。

NECの無線ルーターはお勧めしないな。NTTのレンタルルーターに付いてきたWi-Fiカードは、そんな症状がなかった。でも、他のルーターに買い換えても、改善されるってことは保証はないから、Aterm WG2600HP2を捨てるっていうのも難しいところ。

追記(2017年10月16日)

結局は買い換えた。→ 無線LANルーターをNEC AtermからTP-LINKに買い換え

Reshared post from +Mune Ando

Aterm WG2600HP2 をブリッジで接続して、起動してしばらくすると(1週間くらい?)、Wi-Fiのアクセスポイントとしてつながらなくなるので、Atermのサポートにメールしてみた。

電源プラグを抜いて再起動すればいいのだけど、それも面倒になってきた。中継機もNECのものを購入したのにな。

最初から解決するとは期待していないけど。

Aterm(エーターム) サポートデスク
無線LAN・モバイル製品「Aterm(エーターム)」の公式サポートページです。Q&Aや設定情報、マニュアル、バージョンアップ情報を掲載しています。

git pullでデブロイ

結局、デブロイで参考にしたのは、ここのサイト。

http://transrain.net/blog/2011/04/05/211200

ものすごくシンプル。Apache側でbitbucketからしか更新できないようにとかしたけど。

PHPでsystem()からシェルスクリプトを実行できない簡単なことに悩んだ。スクリプト名が間違えていたとか単純なミスから、実行権限の設定が甘かったとか、原因いろいろ。

でも、これだと何でもかんでもgit pullするとデブロイしてしまうのよね。特定のブランチだけgit pull したときだけ、デブロイするように限定しないといけないな。DBの更新もシェルスクリプトから実行しているので重い。BitBucketのフックで限定できないみたいだから、PHPのプログラム側で何とかしないといけないか。

Reshared post from +Mune Ando

bitbucket-syncはgit pullで持ってくるのではなくて、ZIPファイルをダウンロードして展開してくれるのね。bitbucket-syncで検索すると、コピペのごとく同じ内容が出てくるけど、そこまで書いてくれない。

ロリポップのサーバでbitbucket-syncを使用して自動デプロイの環境を構築する – darudaru
wordpressのプログラムを修正する場合に、ローカルで修正して、scpでサーバにファイルをコピーして、公開ディレクトリにコピーして・・・とだいぶ手間がかかってしまっていたので、自動デプロイできる環境をbitbucket-syncを使って構築することにしました。 ゴールは、リポジトリにpushしたら本番まで反映されるという環境を作ることです。 では、いきます。 環境 サーバ:ロリポップ 使用PC:Mac プログラム管理:Bitbucket 事前準備 Bitbucketのアカウントとデプロイするリポジトリの作成 設定方法 1.bitbucket-syncをダウンロードする bitbucket.…

電動アシスト自転車ってパンクが多いような

息子から電話でSOSが入った。駅に向かう途中で自転車がパンクをしたそうな。

腰の軽い親父はすぐに代わりの自転車を乗ってかけつける。なんて過保護で便利な父親だ。

その足で自転車屋に持ち込む。見てもらったら、後輪のスポークが5本ほど折れていた。店員さんによると、一本外れると他に負担がかかって他も折れてしまうそうだ。おかげで後輪を全取っ替えとなった。純正品ではないけど、後輪の在庫があった。工賃含めて15,000円の出費なり。

スポークが折れるのは初めて。でも、パナソニックの電動アシスト自転車が3台あるけど、これで全部の自転車3台ともパンクしたことになる。それにしても多いよな。

自転車屋さんによると、電動アシスト自転車って後輪への負担が大きくて、アシストなしの自転車よりもパンクしやすいそうだ。だけど、パナもパンクしにくいタイヤとかチューブにしてくれればいいのにな。それではコストがかかってしまうのかな。

それよりも普段の空気圧チェックが必要だな。うちの連中は乗りっぱなしだし。

おそらくWindowsのプロダクトキーってこれなんだろうな?

MacBook ProにVirtualBoxをインストールして、その上にWindows10を動かしている。もちろん正規ライセンスを購入している。

久しぶりにWindows10のアップデートをしようとして起動してみたら、ライセンス不正とか怒られた。キチンと購入したのに怒らないでよね。

プロダクトキーを入力しなければいけないのだけど、さてどのプロダクトキーを入力していいかわからない。だって、今までたくさんWindowsを購入してパッケージがいっぱいあるから。アップデート版もたくさん購入している。

おそらくMacBook Proを買った頃だからこれだろうなと思って、Windows8.1のパッケージに入ってたプロダクトキーを入力してみたら(無償でWindows10にアップデートしていたはず)、うまくライセンス認証してくれた。本当にこれで合っているかわからないけど・・・。

正規のユーザーが面倒くさくなるようなライセンス認証のしくみを何とかして欲しいな、マイクロソフトさん。もう一回買い直せってい言うこと?

Windowsのパッケージを購入したら、どのPCにインストールしたかをメモしておかないといけないのかね。

Embedded Link

support.microsoft.com/ja-jp/help/12440/windows-10-activation

この記事を読んで、物件退去時のトラブルについて物件管理側からいろいろ思うこと

最近は従来の敷金という曖昧な名目では賃貸契約をしていないな。退去でいろいろトラブルが多いもの。

でも、既に入居したいたら賃貸契約書をもう一度見たほうがいいぞ。入居のときに不動産屋さんから説明されているとは思うけど、退去するときに契約内容を忘れてしまっている人が多いしな。退去時の費用って、今まで通り敷金でお互い相談の上相殺というのもあるけど、補修費で最初に取っておいて(補修費の毎月積立もある)返さないというのもあるし、経年劣化を考えて入居年数で補修費を安くするとか、いろいろ契約があるし。

これから契約する人はキチンと退去のことを確認したほうがいい。あと、入居時の現状を写真で記録することも大事。最初から破損していたとか汚れていたとかわからなくならないし、それとトラブルがあるとことは入居時に補修してもらったほうがいい。

ひとつ貸すほうから言わせてもらうと、普段からきれいに部屋を使うこと大事だな。退去時のトラブルが起こるのって、大抵は汚く使っていたとか、設備を壊したとか、タバコでクロスが真っ黄色とか、中には退去するときに掃除もせずにゴミを残しておくような人なのよね。それと賃貸の部屋を自分のモノと勘違いしている人。あくまでも人のものを借りていることを忘れないこと。

壊したらすぐに連絡すること。もしかしたら保険で何とかなるかもしれないから、不動屋さんと相談すること。だから、大家と不動産屋と仲良くしておくことを大事なのよね。中には壊しといて、最初から壊れていました、なんてしゃあしゃあと言うヤツもいるけど、すぐにわかること。

退去立会のときの部屋の第一印象もあるわな。退去立会で部屋に入ったときにきれいだったら、クリーニングだけで済ませて補修費用を取らないとかあるし。反対にダメだこりゃと思って、どうやって補修費を取ってやろうと思うときもある。

まあ、記事の人は8年も住んでいたことだしきれいに使っていたことで、経年劣化でほぼ済むような気がするけどな。

アパート経営なんて儲からないからやめておけ・・・・。

Embedded Link

賃貸の退去費用が思ってたより多額だった
8年間住んだマンション(3LDK)から引っ越す際に退去費用を30万ほど請求された。特に破損させたようなところはないと思ってたのでびっくり。家賃…

なんやかんやでみんなでコピー

Googleさんに「ヘッダ固定 ページ内リンク」で調べて出てきたJavaScriptのコードはみんな同じだったよ。 https://goo.gl/5W1nqF

コメントも同じ。アニメーションのパラメータも同じ。変数名も同じ。ここまで来ると潔いわ。

いかにも自分で作成しましたって感じなのね。出てきたサイトにはオリジナルはなさそうだな。参考にしたサイトは載せたほうがいいぞ。

このコードだと、自分のサイトでは動かなかったけど、質問するのは野暮だな・・・。