CakePHPのDebugKitプラグインでのエラー

CakePHPを2.6.3にバージョンアップしたら、コントローラーでセットした値がビューに渡っていない。色々調べてみるとDebugKitプラグインでエラーをしている。

Could not load class DebugKitLogListenerLog

このエラーメッセージから調べると、GitHubのDebugKitのissusが見つかった。

https://github.com/cakephp/debug_kit/issues/144

APP/Plugin/DebugKit/Lib/Panel/LogPanel.phpの25行目を

'engine' => 'DebugKit.DebugKitLogListener',

'engine' => 'DebugKit.DebugKitLog',

にする。これでエラーがなくなった。

So-net NUROの代理店に関してNTT東日本の回答

つっこみどころ満載のSo-net NUROの代理店」に関連して線路情報ってアクセスできるの? ってNTT東日本に聞いてみた。

そうしたら、それはうちの代理店のことではないから知らないよ、と答えが来た。まあ、それはそうだけど、線路情報って何よ? っていうのには答えてくれなかった。

でもNTTでも代理店を装ったセールスには注意喚起をしているそうで、以下のページを紹介された。

http://www.ntt-east.co.jp/info/detail/kanyu.html

あと、NTTの代理店には以下の項目を聞けば、本物か調べてくれるそうだ。

・代理店名
・代理店の電話番号
・担当者名
・代理店コード

NTTの代理店は必ず代理店コードを持っているので、この番号から調べてくれる。

あと、代理店からの連絡を停める方法も教えてくれた。

http://www.ntt-east.co.jp/contact/#stop

ここのページに書いてある電話番号に電話をかればいいようだが、こちらの連絡先が代理店に廻るようで、これはどうしようか考えてしまうな。詰まるところ、NTTと契約したら代理店にすべて情報が行ってしまうことか。まあ、そこから漏れていくのだろうな。

引き続き線路情報のことについて質問しておいた。

Windows8.1がよく固まるので

Windows8.1がよく固まる。大抵は下のタスクバーをクリックしたとき。

そこで、Googleさんに「Windows タスクバー 固まる」で聞いてみると、何か出てきました。ある特定のWindowsアップデートが原因らしい。そのWindowsアップデートはしっかりとインストールしていた。

下記のリンク先の手順通りに、強制的に対応するアップデートをダウンロードしてインストールしてみる。しばらくは様子を見てみる。

エクスプローラーの不調を招いていた更新プログラム「KB3033889」の修正版が公開 – 窓の杜
米Microsoft Corporationは17日(現地時間、以下同)、11日に公開したWindowsのセキュリティ更新プログラム「KB3033889」の修正版「KB3048778」を公開した。現在、同社のサポートページからダウンロードできる。

この資料請求サイトはあまり考えていないよな。

東急のカードのサイトで、パスモのオートチャージの申し込みをしようとしたら資料背球をしないといけないと言われた。資料請求をするには、カード会員でログインしてと、送付先を入力しなくて面倒がないと思ったら、何と資料の番号を手入力しないといけないのだ。しかも資料の番号一覧は別ウィンドウですわ。これはないわ。チャックボックスで選択させればいいのに。

あまり東急さんは使う人のことは考えていないようなのね。仕方ないので、資料の番号一覧のページを別ウィンドウにして番号をコピー&ペーストしました。

スクリーンショット

北海道のお土産

北海道の余市に行ったときのお土産。いろいろと試飲してみる。

結果は竹鶴ピュアモルトが自分には合っているみたい。甘い香りがよい。

札幌、小樽に行ったら、ちょいと脚を伸ばして余市に行くのはお勧め。余市駅からすぐのニッカ余市醸造所は、思ったよりも広くて、ウィスキーの製造工程を知ることができる。マッサン夫妻の人生もわかる。JRでは列車の本数が少ないので、バスで行くのがいいかもしれない。

ウィスキーはニッカよりサントリーのほうが上だと思い込んでいたけど、そんなことはなかったのね。ただのイメージが刷り込まれていたみたい。

つっこみどころ満載のSo-net NUROの代理店

今日電話をかけてきたのはNUROの営業からだった。何だかフレッツ光のユーザーに電話をしているようだ。

いろいろな難しいそうな言葉を並べてきたので、おもしろくつっこみを入れてみました。

「どこで調べて電話してきたの?」

「NTTの線路情報からフレッツ光のユーザーに電話している。」

「って、線路情報にフレッツ光のユーザー情報があるのか? しかも、自由に使って営業できるの?」

「個人情報保護法では10年前の情報は自由に使える。」

「って、そんなこと個人情報保護法にあったっけ? 何条に書いてあるの?」

「知らない。」

「ところで、あなたは何という会社で、連絡先の電話番号を教えて。NTTに確認するから。」

この時点では、So-netという会社名は言っていない。

「契約する方ではないと、教えられない。」

「それはおかしい。こちらに営業電話をかけるのであれば、特商法によると会社名を言わなければいけないのではないか?」

「会社名を言うことはしていない。上司に相談するので、折り返し電話する。」

「折り返し電話なんてしなくていいから、当たり前に答えるべきことだから早く答えてよ。」

そのまま無言の保留になりました。050ではじまる電話番号だったから、最初から怪しい。

3分ほど待って、上司と思われる人に替わる。

「会社名は、●●●というSo-netの代理店。普通は名乗らない。」

ようやくSo-netの代理店であることを言った。最初はフレッツ光のユーザー宛てだと言ってきたので、NUROがNTTのフレッツ光とは別とは知らなかったらNTTから電話してきたものだと勘違いしそうだ。

「電話番号は10年前の電話帳から調べている。」

線路情報に関しては、

「アナログか光回線かどうかをチェックしている。」

この辺りは、線路情報を営業活動で使っていいのかNTTに聞いてみよう。

「個人情報保護法で10年前の情報を自由に使っていいのは誤り。」

やはりな。それは聞いたことない。個人情報保護法という名前を持ち出せば何でも納得させられると思うのかな。でも、電話帳の情報は個人情報保護でも何でもないからな。その辺は、彼らは知らないみたい。

名簿から削除するように依頼しました。So-net本体を経由して他の代理店にも通知が行くそうです。でも、またソネットの代理店から営業電話があったらソネットに言いつけるよ、と言っておきました。

いつもながら、ソネットの代理店と称する会社は強引だな。上司と称する人は、自分みたいなヤツの対応が慣れているようで、とても落ち着いて話していました。

追記(2015年3月21日)

Googleさんに「So-net nuro 代理店」で聞くと、ほとんど電話勧誘、詐欺だよの報告しているサイトを教えてくれた。この辺りは、So-netは真剣に考えたほうがいいぞ。

メガネ壊れたよ。

 

メガネ壊れたよ。痛いよな。遠近両用なので壊れると辛いのよ。替えのメガネが一つしかないので、もう一つ作る必要があるな。

このメガネは買ってからそんなに経っていないけど変形しやすいし、塗装も剥がれてきたので、まずいなと思っていた。フレームは樹脂製なのでそこがポッキリいってしまったよ。

IMG_9173

Office 365 Soloを購入

今までLibreOfficeを使ってきたが(その前はOpenOffice.org)、あまりにも固まるしで我慢できなくなってMicrosoft Officeを買うことにした。今回買ったのは、一年ごと契約のOffice 365 Soloである。

最後にOfficeを買ったのは2003ですので10年ぶりだ。おかげでリボンUIは知らない。

Windows8.1にインストールしたが、Word、Excel、PowerPointしか使わない。あとPublisherとかいろいろと付いてくる。Outlookは絶対にいらないな。

MacBook Proにもインストールしようとしましたが、プロダクトキーを入力してもそのキーは無効と言われてしまう。しかたないので、MicrosoftのサポートであるAnswer Deskに電話してみる。よくあるトラブルらしくてすぐに原因を教えてくれた。

Microsoftアカウントを2段階認証にしているとMacintoshの場合にプロダクトキーの認証でエラーになることがあるそうだ。2段階認証をとりあえず無効にしてみたら、今度はうまくいった。

だけどAnswer Deskの受付方法はおもしろい。一度100文字程度のトラブル状況を入力すると連絡先が出てくる。チャットでもいいけど電話番号にかけても、入力した内容は無視で再度口頭で説明する。しかし、今回は対象がMacだったので別の部署に回されたけど、内容はボイスメッセージで確信して再度説明することはなかった。

早速作業契約書をWordで編集している。今は、スタイルはこんなところから呼び出すのね、といった感じヌルヌルと使っている。

いつも使っているショッピングサイトで予想してた画面と違った画面が出てきた

いつも使っているヨドバシ.comのショッピングサイトで予想してた画面と違った画面が出てきた。カートの注文を確定したときに、クレジットカード番号を再入力を要求してきた。ヨドバシのクレジットカードだから既に登録されているので、何で再入力させるのか不思議に思う。

そこでヨドバシのサポートに念のために確認を入れてみる。パスワードの変更すると再入力を要求するとか、別のクレジットカードを登録したとかで再入力させるらしい。そのようなこともしていないし、ページには何も説明されていない。

結局は、ページのアドレスに鍵マークが付いているので大丈夫と言われた。何か気持ち悪い。

 

Gmailのエイリアスは、いろいろと登録のときの追跡にはにい…

Gmailのエイリアスは、いろいろと登録のときの追跡にはにいいよな、と思ったけど、メールアドレスの登録で+が禁止文字になっているサイトがあるので使えないな、と思ってしまいました。

Embedded Link

アドレスのエイリアスの使用 – Gmail ヘルプ