配達地域指定郵便物の投函確認

ピンポン鳴ったから出たら郵便局の人だった。パナソニックのバッテリーが発火するからの注意DMの配達地域指定郵便をポストに入れていいかの確認だった。先日パチンコ屋の配達地域指定郵便物を入れないでと言っておいたので、大事なパナソニックからのお知らせなので、届いていないと何かまたクレーム言われるのがイヤなので確認を取ったらしいけど、でも後で考えると、わざわざ出ていって確認を取るまでもないかと残念な気持ちになってしまった。

MicroServerにFreeNASをイントール

ヤフオクで落札したHPのMicroServerがありますが、CentOS7を入れたりUbuntu Serverを入れたりと、いろいろとインストールしてみていました。

最終的にはFreeNASをインストールしてしまいます。QNAPも入れているし、Sambaでファイルサーバーを立てているしと、本来ならこれ以上ファイルサーバーは必要ありませんが、やはりHPのMicroServerはFreeNASに最適であると勝手に思ってインストールしてしまいます。

容量違いのハードディスクがたくさん手持ちであるということと、MicroServerのハードディスクが交換しやすいハードディスクドライブベイがあるといことと(電源を落とさないと交換できませんけど)、USBポートが内部にあるのでUSBメモリにFreeNASにインストールして起動できるということが理由にしています。DSC_0647

とりあえず手持ちのハードディスクをハードディスクドライブベイに入れて、FreeNASをインストールしたUSBメモリで起動します。このあたりはとても簡単です。

しかし、ハードディスクのSMART情報を見るとそろそろ危なそうなハードディスクがあります。そこで、使っていないハードディスクで大丈夫そうなものを交換していきます。この辺りもFreeNASのWeb設定ページで設定ができるので簡単です(ただし、プールとストレージのメニューはわかりにくいけど)。

ファイルのバックアップは、FreeNASでrsyncサーバーにしてしまって同期の設定をして完了です。

ハードディスクは、SeagateとWestern Digitalの500GBが中心に組んでいきましたが、やはり古いものはエラーが出かかっています。完全にダメになっている訳でもないのですが、大きめで正常なものに交換しました。

WD Bule 500GB
WD Green 1TB
Seagate Barracuda
WD Green 500GB

以上、ハードディスクはバラバラになりました。

RAID1が片肺で動いているのでディスク交換しに行ったが

知り合いの会社に預けているサーバーがあるのですが、その会社が引っ越しになったのでサーバーの電源を入れに行った。メインはUPSのバッテリーを交換すること。随分前にUPSのアラームがなって電源を落としたままになっていた。APCのUPSなのでバッテリーを注文しておいた。初日はバッテリーの交換とサーバーの起動、そしてアップデート、VPNのルーターの設定をしておいた。時間がないので一旦ここで終了。

VPNでリモートデログインできるようになっているので、翌日sshでアクセスしてみたところ、RAID1で構築しているディスクの片方が止まっていた。社内にある同じ容量の1TBのハードディスクを調達して持っていく。こちらはサーバーに入れたものの全く使っていないディスクである。メーカーはSeagateのハードディスク。

1週間経って時間ができたので、ハードディスクの交換をする。入っているハードディスクはWestern Digitalのグリーンだった。しかし、よく見てみるとハードディスクの電源が抜けていた。せっかく持ってきたのでSeagateのディスクに入れ替える。RAID1の同期しておく。時間がかかるので戻ってリモートで正常に同期していること確認。作業完了。

以上、作業メモ

Xperia UL SOL22 で勝手に再起動するけど

Xperia UL SOL22 で勝手に再起動するけど、何が原因かどうかを調べてみる。

まずは再起動してしまう手順からです。EvernoteのPost-itを取り込むカメラを起動すると必ず再起動してしまいます。取りあえずEvernoteをアンインストールしてみる。しかし、カメラアプリでも起動すると、すぐに再起動してしまいます。Evernoteのアプリが原因ではなさそう。

いろいろと必要のないアプリをアンインストールしてしまう。それでもカメラアプリを起動すると勝手にリブートされてしまう。

これでは初期化するしかないかなと諦め気味で、Googleさんに「xperia ul カメラ 再起動」で聞いてみる。すると、「SDカードが原因かも」というサイトがあった。ダメ元でSDカードを抜いみて、再度カメラアプリを起動してみるとリブートしなくなくなった。原因はMicroSDカードということなのか。

手元にあった同じ容量のmicroSDメモリに交換してみても勝手にリブートすることもなかった。障害のあったカードはPCから読めるのでバックアップを取っておきます。

アマゾンからメールが届いたけど

アマゾンからAWSのアンケートのメールが届いたけど、開いたサイトのフォントファミリーの指定がおかしいので、とっても怪しいサイトに見える。しかも、ページのアドレスがアマゾンのドメインではないし、アンケート専用のサービスらしいし、そのことも一言も書いていないし、ということで危なそうなので、アンケートに答えるのはやめておく。

Suicaポイントクラブからメールがあったけど

Suicaポイントクラブからメールがあったけど、なんでもポイントの有効期限が近いのでポイントが失効になるとか。では、ポイントをSuicaに貯めようかとログインした。トラブルがあったので、ログインの仕方が変わっていた。

だけど、100ポイント以上ではないとポイント交換ができないのね。そう電車には乗らないので、僅かなポイントは失効になりそう。

だったら、わざわざ連絡くれなくてもいいのに。キャラクターのペンギンが腹黒く見えてきた。

JR東日本:Suicaポイントクラブ
買って、ためて、また使う!!JR東日本の「Suicaポイントクラブ」公式ホームページ。登録できるSuicaの種類が拡大し、ますますおトクになりました。

今年の初スキー

この時期になって初スキーに行ってきました。チビも受験を終わったし、中学になったら土曜日は学校になるので、これから遊んでもらえそうにありませんので。

今回行ったのは、サンメドウズ清里スキー場です。近くでよいところで選びました。クルマで3時間半というところでしょうか。中央道のインターからは雪もなく楽ちんと思っていましたら、スキー場の近くで天気が急変、吹雪いていました。

雪はパウダーでとても滑りやすかったです。この辺りはこんなに雪質がよかったのですね。しかし、午前中は横なぐりの雪でとてもさぶかったです。

持っていったスキー板とブースが合わないかったので、急遽板だけレンタルするとかトラブルがありましたが、チビは機嫌良く滑っていました。ただ、彼にペースを合わせて滑ると昼食以外は休みなしでしたので、こちらが体力が持ちません。

リフト待ちもほどほどで、待たされることもなく多少の休憩ができるので丁度よかったです。ゲレンデも余裕があるので初心者にはよいスキー場でした。

今回は、横浜方面から中央道に抜けるのに、圏央道を使いました。これは正解です。以前の16号を使うよりも雲泥の差があります。お金はかかりますが圏央道は使えます。

In album 2015-02-15

室内柱を作ってホワイトボードを付けた

以前、ホワイトボードを買ったと書きましたが、天井からぶら下げてみたところ固定されていないので書きにくい。そこで2X4の木材と使って柱を作って固定してみました。

柱はクギで固定せずに、天井にアジャスターで突っ張り棒式に固定します。倒れないように、脚を付けています。

チビにペイントと設置を手伝ってもらいました。元々の部屋の柱や梁がダークグレイなので、木材も近い色に塗っています。写真のようにあまり目ただなくなっていい感じです。写真で見ても違和感ありませんね。というよりせっかく作った柱がわからない・・・。

一人で設置するのは大変なので、チビに手伝ってもらいます。特に水平垂直を出すのに水準器を使って二人で調節します。

これでガッチリとした柱ができてホワイトボードを取り付けたところ、書きやすくなりました。

またまた知らない不動産会社から電話

今日も知らない不動産会社から電話があったけど、若いお兄ちゃんから色々情報を引き出してみた。

法務局の登記簿から調べているとのこと。閲覧の手数料はお客からの取引手数料から出る経費だから不動産会社にとっては痛くも痒くもないそうだ。

登記簿には電話番号が載っていないので、あるソフトから調べているそうだ。ここでこれ以上取引にならないからって電話を突然切られました。おそらく電話帳データのソフトを使って住所でマッチングしているのではないかと思うけど。

まあ、登記簿の情報を使ってセールス電話をするのはいい加減やめて欲しいよな。その不動産会社との会話は録音しているし担当者名も聞いたし、会社も特定できた。

Reshared post from +Mune Ando

今日も知らない不動産会社から電話

今日も知らない不動産会社から電話があったけど、その中で出てきたワードが閉鎖登記簿。閉鎖登記簿を見て電話をしてきたそうだ。閉鎖登記簿って何のことかと調べたら、電子化する前の紙の古い登記簿のことのようだった。

しかし、閉鎖登記も閲覧するのに手数料がかかるはずだけど、電話をかけてきた人はいくらかかっているか知らないと言う。資料部がまとめて登記簿を取っているからだという。

その会社の名前からGoogleさんに聞いてみたら、ホームページが出てこなかった。あるのは他社の求人情報サイトくらい。そこに住所があったのでGmapで見ると雑居ビルの2階。とても小さいな会社。資料部があるとは思えない。

おそらく登記簿は自分で取っているのでなくて、どこかの業者から買っているのだろうな。いちいち住所を特定して法務局で閲覧なんてコストがかかってしょうがない。

登記簿なんて個人情報ではないので、アクセス自由なんだろうな。こういった問い合わせは防ぎようがない。後は不動産の上部団体にチクるくらいしかないだろうな。

多いな。間違え電話。

間違え電話がかかることが多い。最近は毎日。

だいたいは兆候がある。最初に0120のフリーダイヤルでかかってくる。うちの電話はフリーダイヤルの着信を拒否しているので、次に普通の電話がかけてくる。フリーダイヤルの電話ですぐにかかってくる電話は迷惑電話。

その電話をとると、こちらの声が聞くと、「○○さんですか?」と私と違う名前を言うパターン。絶対に自分の名前を名乗らない。

本当のなら、自分の名前を言う前に「どちらさまですか?」と聞けばよりいいのだが、おそらく母宛に電話をかけてくるので、男の声だから、間違え電話のふりをするのだろう。

たぶん母の名前は、欺されやすい高齢者リストに載っているのかも。以前、大いに欺されたから。