#CakePHPのサイトをサーバーに配置してはまったこと。

ローカルPCで開発していたCakePHPのサイトをサーバーに配置したら動かなかった。対応していく過程のメモ。

まずはPHPのバージョン。最新のPHP5.3にしたのは間違え。大量にエラーをはく。これは使っているCakePHPのバージョンがPHP5.3に対応していないため。以下のページに対応方法が書いてある。

PHP 5.3だとCakePHPで大量のエラー

あまりいじりたくないので、PHPのバージョンを下げる。前の記事のようにPHPの複数のバージョンを切り替えるようにしておく。インストールしてあったバイナリのMySQLとPostgreSQLの指定の方法がわからないので、こちらもソースからコンパイルしなおし。

次はページが真っ白になったり、ページが見つからなっている。mod_rewriteが動いていないことが判明。httpd.confでのパスの指定が間違えていた。単純なミス。

以上、一日テストサーバーの構築で潰れた。プログラムの修正は半日で済んだのに・・・。

CakePHP 1.3によるWebアプリケーション開発 オープンソース徹底活用

CakePHP辞典 Pocket詳解

違うPHPのバージョンを切り替えできるようにする。

昔CakePHPで作成したWebサイトの機能追加を行っているのですが、そのサイトはPHP4なのです。テストするため、PHP4の環境が必要です。

PCですとXAMPPで一発インストールなのですが、みんなで参照するLinuxサーバーではそうはいきません。今まではyumで簡単にインストールしていきましたが、PHP4は古いバージョンなのでyumでのパッケージインストールもできません。

しかたないのでソースからコンパイルです。PostgeSQLとかMySQLもソースからインストールしていきます。今回はとても時間がかかる。PHP4 だけではなく、いまはPHP5 もテストで使うであろうと考えて、切り替えるようにしておきます。参考になったのは、

【PHP】複数バージョンのPHPを使う方法

です。違いはApacheがパッケージでインストールしているとか、PHPのバージョンの違いです。

以上、自分が設定したことを忘れそうなので、手順はEvernoteにメモしておきます。

CakePHP 1.3によるWebアプリケーション開発 オープンソース徹底活用

CakePHP辞典 Pocket詳解

#WordPress のサイトにWPtouchプラグインを導入

ここのブログにWPtouchというWordPressのプラグインをインストールしました。WPtouchプラグインは、簡単にiPod/iPhoneに対応できるプラグインです。

どうしてWPtouchプラグインをインストールしたかというと、お客さんでスマートフォンに対応したサービスを行いたいと相談を受けたからです。アプリでやろうかと考えたら、要求からはハードルが高そう。それではWebで実現しようかと思ったら、たまたま見つけたのがWPtouchというWordPressのプラグインでした。それではということで、早速インストール。本当に動いているかは、実はわからないのでした。

だって、自分はiPhone/iPadを持っていないのです。その代わりに、Firefoxの拡張機能であるFireMobileSimulatorという携帯端末ブラウザのシュミレーターをインストールしました。こちらは携帯電話からスマートフォンまでシュミレートできる優れもの。FireMobileSimulatorではとりあえず正常に動いています。

WordPress3.1にアップデート

WordPressのダッシュボードに3.1のアップデートが出ていたので、アップデートを実行する。もちろんアップデートを行う前に、バックアップをとっておく。

大きく変わったのは、ページの一番上にガイドらいきものが追加されたこと。若干デザインが変わってしまったかな? 

あとはぼちぼち見ていきましょう。今インストールしているプラグインはそのまま使えるかな?

書籍読了:シンメトリー

シンメトリー 誉田哲也

姫川玲子シリーズ。三冊目。警察小説。人間くさい警察内部を描く。

シンメトリー (光文社文庫)

XAMPPの昔のバージョンに再インストール

開発でロカールのPCにはXAMPP(Apache+MySQL+PHP、後はPerlだっけ?)をインストールしてお手軽に開発環境を作っています。

お客様の依頼で、ずいぶん昔に作ったサイトのメンテナンスをやることになりました。しかし、今の開発環境では動かない。おそらくPHP4で動いているのでPHP5では動かないのは当たり前。

そこで、PHP4に戻してみます。XAMPPのページには、「PHP5とPHP4と切り替えが可能だぜ。」と書いていますが、これは真っ赤なウソ。PHP4とPHP5を切り替えるphp-switch.batというバッチファイルが見当たりません。今のXAMPP1.7.xではPHP5のみになっています。

おかげでXAMPP1.6.8まで戻さなくていけません。戻すときには、MySQLと、Apacheのhttpd.confのバックアップを忘れずに。MySQLのデータベースは、\mysql\data以下のディレクトリをコピーすれば、そのままテーブルがインポートできました。XAMPP1.6.8はセットアッププログラムではなくて、解凍したディレクトリ以下のファイルをコピーするだけなので、インストールは簡単かもしれません。本来は本番サーバーの環境とバージョンを合わせなければいけませんが。

無事にテスト環境で動くようになりました。PHP5への対応は大変そうだな。

書籍読了:塩狩峠

塩狩峠 三浦綾子

ツレから廻ってきて読む。信仰の話し。ここまでピュアになれるのか。

塩狩峠 (新潮文庫)

ヤマハのスマートL2スイッチのモニターキャンペーンに応募してみた。

スマートL2スイッチ SWX2200シリーズ
スマートL2スイッチ SWX2200シリーズ

ヤマハのスマートL2スイッチSWX2200-8G/24Gモニターキャンペーンに応募してみた。とても安価なインテリジェントスイッチである。いままで、高くて手が出なかったインテリジェントスイッチが手軽に導入できるかも。

いままでヤマハのルーターは何十台か客先に納品していたが、ハブは他社のノンインテリジェントばかり。自分でもこのようなハブの納入は経験はない。

最近はこのようなモニタの応募は、ことごとく外しているので、今回も当たらないかもしれない。もし、あたったらヤマハの新しいルーターであるNVR500を買わなければいけない。外れてもNVR500は欲しいかも。

書籍読了: 太平洋の奇跡

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男 大石 直紀

タッポーチョ 太平洋の奇跡 ドン・ジョーンズ (著), 中村 定(なかむら さだむ) (翻訳) 

2冊ともサイパンでの大場大尉の戦いを描いた作品。読み比べ。前者は映画の小説化。後者は原作。

前者のほうが読みやすい。映像が浮かんでくる。後者は翻訳されたせいか感情移入がしにくい。こういった物語があったことが忘れないように。

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男 (小学館文庫) タッポーチョ 太平洋の奇跡 「敵ながら天晴」玉砕の島サイパンで本当にあった感動の物語 (祥伝社黄金文庫)

 

 

#Kaspersky のライセンスアップデート

PCを起動するたびにKasperskyから、

もうライセンスの残り日数が少ないからアップデートしてくれよ。

と言われます。もうしつこいので、アップデートの手続きをしました。そういえばジャストシステムのJust My Shopにポイントが貯まっていたので使ってしまおう。

まずは、Kaspersky Internet Securityを2010から2011にバージョンアップします。次にユーザー登録をしていなかったので、オンラインでユーザー登録をしてしまいます。ユーザー登録のページでジャストシステムの登録しているソフトの一覧が出てくるのですが、その多さに驚き。自分はジャストシステムのお得意様なのでした。

あとは、Just My Shopで更新ライセンスの代金を支払います。送られて来たアクティベーションコードでアクティベーションすれば完了です。

今まで2ライセンスになっていましたが、3ライセンスに増えていました。

Kaspersky Internet Security 2011 1年3台版