ルンバのある暮らし

ツレのたっての希望でロボット掃除機ルンバを買ってしまった。コストコで一番安いルンバ。ほぼ機能は掃除するだけ。

最初はどうせうまいこと掃除なんてできないかと疑っていたけど、実はちゃんとできる子でした。ハンディ掃除機で掃除した後でも、こんなにホコリが残っているとは思わなかったくらい取れる。

多少ルンバがやってきて暮らしが変わったこととは(大げさだけど・・・)。

床の上にものを置かないようになった。

ルンバの仕事の邪魔にならないように、ものをなるべく床に置かなくなった。ちょっとしたルンバへの気遣いが必要。

いすをテーブルに上げるようになった。

ダイニングテーブルの下を円滑に掃除してもらうために、ルンバを起動する前にいすをテーブルの上に上げるようになった。ちょっとした手間だけど、ルンバに効率的に仕事をやってくれるためにこれも必要。

はたきをかけるようになった

上のホコリをはたきで落としてから、落したホコリをルンバに掃除してもらうになった。今まで、はたきなんてかけていなかった。

ルンバがうるさくても気にしない

大きな音を立ててルンバは掃除するけど、あまり気にしなくなった。仕事中でも足元にルンバが掃除に来ても気にせず、そっと足を上げる。

ルンバと一緒に掃除する

どうもルンバは角の隅の掃除は苦手。もちろん階段はルンバは掃除できない。意外と充電器のドックの周りも苦手のようだ。そのときは一緒にハンディ掃除機で掃除する。

ルンバがミスしても怒らない

自宅には掘りごたつがあって床に大きな穴が空いているけど、ルンバがよく掘りごたつの穴に引っかかって、よくエラーで立ち往生する。階段は大丈夫なのにね。そのときはそっと助けてあげる。それと何度も同じルートで掃除をしていても、ルンバさんは頭悪いとか言わない。

ルンバに名前を付けて呼ぶ

ツレはルンバをるんちゃん、私はルンバさん、と呼んでいる。まるでペットみたい。

他の家電製品と違ってキャラ化しやすいので、ルンバがやってくると楽しいかもしれない。

投稿者:

avatar

ando

50過ぎてもプログラマーの気持ちを忘れない。