どうせプリンタなんて消耗品なんでしょ・・・。

年末押し迫って年賀状を印刷しようとしたら、黒インクが掠れるようになってしまった。昨日まではうまく動いていたのに。

プリンタはエプソンのEP−301という古い印刷だけのインクジェットプリンタだけど、このプリンタは一度有償でエプソンに修理を出したことがある曰く付き。そのときは、プリンタヘッドを交換したようでした。

設定画面からクリーニングの指示を何回かやっても治りません。自分でクリーニング液を買ってやってみように思いましたけど、そこまでこのプリンタにお金をかけたくないので、思い切って新しいプリンタを買うことにしました。

プリンタはよく壊れるので、安いプリンタを探してみました。探した結果はこちらのプリンタです。

アマゾンだと1月4日発送なので、ヨドバシ.comで注文しました。こちらは明日大晦日に届きます。頑張って印刷して元旦に年賀状を出せるでしょう。

それにしても、このプリンタは安いです。インクのほうが高くなります。プリンタヘッドがインクと一体ですので、インクの目詰まりを気にしないでいいのはありがたいです。カラーインクは3色一体ですのでまとめて交換するから高いですが、6色の別々のカートリッジですとそれぞれ交換するもの面倒ですし、年賀状くらいしか印刷しないので、このプリンタで問題ないでしょう。もっときれいな写真を印刷したい場合は別にプリンタを考えます。今はすぐに年賀状を印刷しないので。

それにしても、壊れる前に追加でエプソンのプリンタインクを買ってしまったけど、こちらは未開封ですので返品手続きをいたしましょう。

運転免許の更新に行ったけど

運転免許の更新に行った。今回は右折禁止の違反をやったから優良運転者ではなく一般運転者での手続きとなる。一般運転者の講習は近くの警察署だと面倒なことが書かれていたので、運転免許試験場まで行ってくる、警察署だと2回行かなければいけないけど、運転免許試験場だと即日発行してくれる。しかし、遠い。

でも何で試験場の写真担当の人は、決まってあんなに下手くそに写真を撮れるのだろうか? せっかく散髪まで用意周到で行ったけど、最後の「あごを引いてください。」で二重あごで写ってしまいましたよ。まあ、素材が悪いと言われればしょうがないけど・・・。

相変わらずに試験場の周りには、免許道場とか、他の街にはない商売の店があるのね。でも、もう代書屋はさすがにないけど。

新しい冷蔵庫を搬入するための工事

新しい冷蔵庫を搬入するための工事を知り合いの水道屋さんにお願いしました。

今の冷蔵庫の下に排水の配管があるため、木材で下駄を組んで嵩上げしていました。元々は冷蔵庫のこの位置に簡単なキッチンがありました。今の二階に新しくキッチンを入れたときに、下への配管をそのままで2階で配管をやりくりしたのが原因です。

上の写真のように冷蔵庫の下に一階につながる配管があります。実は、この配管は、コの字型に同じ方向に一階天井で曲がっているというおかしなことになっています。これをキッチン下から1階に穴を開けて通して、冷蔵庫下の配管をなくしてしまいます。

写真のようにキッチンの下に配管を通す穴を開けます。丁度下にユニットバスの点検口があったので作業は楽だったようです。

上のようにキッチンの排水管を開けた穴に接続します。今までは配管は紐で結んだだけという?な工事だったのを、キチンと水がは流れるように金具で傾斜を考慮して固定します。これぞプロの仕事です。

 

最後に取りはずした配管が通っていた床の穴に蓋をして周りにパテを埋めて完了です。これは黒い者たちが入り込まないようにするために必須です。

以上で直接床に置けるようになったので、ちょっと背の高い冷蔵庫が置けるようになりました。

自転車の部品を注文しようとしたけど・・・。

久しぶりに自転車(GIANTのESCAPE R3という昔のクロスバイク)のメンテナンスをしていたら、後ろのギア(リアディレイラーというらしい)を取り付けている金具(これはディレイラーハンガーというのね。自転車用語は難しいわ)にひびが入っているのを見つけた。これを放っておくと危ないよな。

という訳でディレイラーハンガーを交換するため自転車を分解する。ついでにいろいろとパーツを取り替えてしまおうかしら。取りはずしたディレイラーハンガーはこれ。
2016-08-24 11.47.152016-08-24 20.44.03

真ん中の取り付けねじの細いところが切れている。写真ではわかりにくいけど。こんな細かったら力が加わったら切れるわな。

近くのサイクルベースあさひ(近所の自転車屋は潰れてここしかない)にディレイラーハンガーの現物を持って買いに行く。おそらくこの店はママチャリの販売中心だと思うので取り寄せを覚悟する。

店員さんに言われたのは、何年製の自転車かどうかわからないので注文できないから、車体番号か買ったときの書類が必要だとキッパリ言われた。2008年に買ったと言っても、そのモデルは2008年以前かもしれないので注文できないそうだ。現物を持っていってもダメなのね。現物をメーカーに送って部品を探してくれる努力をしてくれれば、今度新しく自転車を買うときは、サイクルベースあさひで買おうかなと思うのに。

しかも、注文しても2、3週間以上かかると言うので、もういいやと思って、書類を持って来ます、と言ってすごすごと帰って行きましたとさ。暑い中自転車で行ったのに残念。

今はGIANTの直営店に電話したけど今日は休みでここで中断。

だけどディレイラーハンガーってメーカーごとモデルごとに形が違うのね。どのメーカー、モデルの同じ規格品だったらいいのに。力が加わったらフレームまでいかないように、わざと柔らかくしているらしいので、交換する機会はあるようだ。モデルごとに違うのだったら間違えずに注文できるように、メーカーであるGIANTは型番を最初から部品に打刻してくれればいいのにと思ったのでした。

だったら最初から言えばいいじゃない

アパート退去時に自然破損で窓ガラスの割れていたので修理しなければいけない。出入りの不動産屋さんから、入居者が加入している保険が適用できるかどうかダメ元で確認してみろ、と言われた。

ワイヤー入りの窓ガラスは熱収縮で自然に割れることがある。交換すると2万円を越える支出になる。入居者が悪い訳でもないけど、この出費は痛いのである。

入居者から保険会社へ今回の場合保険が適用できるかを聞いてもらう。すると、破損したガラスの写真と見積書を送れば、1万円まで保険で出すとのことだった。見積書っていうのはおかしいな、と思いつつ、ガラス屋さんが入る前に写真を撮っておく。修理したガラス屋さんにお願いして見積書をいただく。修理代は23,000円だった。

本日、保険会社から電話があった。結局は自然破損だから保険は出ないとのことだった。賃貸契約がどう書いてあるかとも聞いてきたけど、それは書いていない。書いてあっても出さないそうだ。だったら聞かなければいいじゃない。そして、自然破損ではない場合でも、入居者が修理を手配して修理代を払わなくてはいけないとも言われた。こちらが修理を発注して修理代を立て替えではいけないそうだ。そんなことは入居者から聞いていない。最初に対応した保険会社の窓口担当者の指示ミスだろうな。まあ、出ないのはしょうがないわな。

でもさ。最初から故意とか事故じゃないから保険はでないと言えばいいじゃない。こちらだっても最初から無駄な動きをすることしなかったのにな。入居者に修理させろと言われても、次の入居者を入れないといけないといけないし待ってられないのよ。こちらの手続きが悪いとか後から言われてもな。手続きした入居者も最後まで書類を書かされて無駄骨だったよね。どうも期待させておいてハシゴを外された感じ。この対応はないよな、と電話をかけて来た人にはとくとくと言っておいた。保険が下りたらラッキー位に思っていたけど、ぬか喜びさせやがって。

レッツノートR7のメモリを注文したけど

レッツノートの増設メモリがおかしいと書きましたが、やはり1GBだと辛いものがあります。パフォーマンスモニタを見ていると、すぐに空きメモリがなくなります。

そこでメモリを買うことにしました。まずはパナソニックのサイトで純正の増設メモリの型番を調べるとCF-BAW1024AUと出てきました。もちろん販売終了です。

次にアマゾンで、CF-BAW1024AUで検索すると出てきたのは、CF-BAW1024Aでした。型番の末尾にUが付いていない。しかも写真を見るとピンクです。値段も純正の割に2,000円位でそんなに高くありません。レビューを見てみると、Uが付いていてもいなくても変わらないとのこと。値段も安いし、ここは注文してしまいます。

さて、どのような結果になるでしょうか? レッツノートの本体側の問題だったら、まーしょうがない。

ハブの3段重ね

RTX810とPR-500KIを接続していったら、写真のようにハブが3段重ねになってしまいました。

GR020006

3台ともバッファローなのは、特にバッファローが好きな訳ではありません。ギガビット対応で金属筐体でお手頃価格ということでハブを買っていったら、たまたまバッファローになってしまいました。

一番上から。RTX810がはさまっていますが。

  • 5ポートハブ: PR-500KIのUNIポートからRTX810とPR-500KIのルーター部に分けるために使用。
  • 8ポートハブ: iSCSIのLANのために使用。3ポートしか使っていないので、もっと小さいハブでよかったかも。
  • 16ポートハブ: 社内のネットワークのために使用。ファン付きでとても五月蠅い。こちらも16ポートもいらなかった。

なるべくLANケーブルの色をたくさん違えて、わかりやすく区別できるようにしています。

16ポートのハブが正面から接続しなければいけないのが厄介です。うしろから正面にケーブルを持っていかなければならないので、その分ケーブルが長くなってしまいます。

チカチカしているランプを夜中見ていると、何だか落ち着いた気分になるのです・・・・。

PR-500KIはひかり電話に、RTX810をフレッツ光ネクストに接続する

RTX810が届いたので、フレッツ光ネクストに接続してみた。接続方法は、NTTからレンタルされているHGWのPR-500KIの下にまともにつなげるのではなく、ここのサイトで説明しているようにUNIポートのケーブルを引き抜いて、スイッチングハブ経由でRTX810に接続する。PR-500KIはひかり電話だけのゲートウェイにする。

GR020003

詳しい説明は上記のサイトに譲るとして、写真の青いケーブルはPR-500KIの内部のケーブルで、UNIポートにつながっている(そもそもUNIポートって何なの? おそらくONU部とルーター部を分割できるようにするもの?)。このケーブルをLANケーブルの延長コネクタを経由してハブにつなげる。ハブからはRTX810のWANポートに接続する。これでPR-500KIとRTX810は兄弟のように並んで接続されていることになる。また同じようにハブからは赤いLANケーブルでPR-500KIに接続する。これはONUからの接続になっているはず。ついでにRTX810のLANポートからPR-500KIのLANポートに接続することで、PR-500KIをRTX810と同じネットワーク内で参照できるので無線LANも利用可能である。

結局は以前やっていたBフレッツのようにONUからハブを介して、ヤマハのRTX1000とNTTのPR200NEを並べて使っていたようなことと理解した。PR-500KIはひかり電話だけに仕事をさせ、PPPoPやVPNのようなインターネット関連はRTX810に任せる。

PR-500KIでプロバイダへのPPPoEの設定を削除することがポイント。RTX810とはIPアドレスは重複しないようにして、DHCPの設定も削除してRTX810に任せる。PPPoEはRTX810に設定する。ひかり電話の設定は何もしなくてもPR-500KIのほうに電話の設定に電話番号が出てくるはず。

しかしながら、PR-500KIの内部のケーブルでONUとルーター部が分離できているのか? 自己責任でやってくださいと言っているような。何かおかしな仕様である。もしくは、ONU部とルーター部は、これで分離できますので、どうぞご自由に使ってください、と言っているのか。これはNTTは推奨しているのかわからない。

以上、スピードテストで見てみるとPR-500KIでつないだときよりも遅くなっているが、無事にインターネットにもひかり電話にも、正常につながっている。

追記(2014年7月17日)

具体的なネットワーク構成は、ここをご覧ください。

追記(2014年8月6日)

今日、この記事を読み直して、文字に直すととてもわかりにくい。図解はネットワーク構成をご覧ください。もし、それでもわからない場合は、横浜市内、川崎市内、東京都内なら1日4万円で出張相談と設定に伺うことができます。よろしかったらご連絡を。

追記(2016年2月18日)

UNIポートについてフレッツのサイトで接続方法の説明が載っていた。これって正式なのかな? UNIポートを使う場合はNTTに連絡しろ、と書いてあるけどどういうことなのかな? 説明を読む限りだと、ONUとしてNTTのレンタルルーターは使うだけで、ひかり電話は対応した市販のルーター(ヤマハのRTX810のような)をつなげてくれ、といったものなのかな。ハブでPR-500KIに戻してひかり電話を使えるなんて書いていないので、自己責任というものなのだろうな。

追記(2016年3月11日)

kakaku.comのサイトからこのページにやってくる人が多いけど、ネットワークとかルーティングとかNATとかわからないと、この接続をやらない方がいいですぜ。あくまでも、こんな方法でもNTTレンタルのPR-500KIを介さなくても、ヤマハのルーターから直接インターネットにアクセスできますよ、ということですので。PR-500KIだけでインターネットにつなげたほうがとっても簡単。理解できなければ、お金を払って設定してもらうのがよいかも・・・。

PR-500KIを設定してインターネットに接続

NTTからフレッツ光の引き込み工事の人がやって来た。実際に作業を行う人と、ガードマンの2人でした。

まずはBフレッツのONUとルーター、光回線の取りはずし。これはとっても簡単です。光ファイバーのケーブルは大胆にペンチで切断して、引き込みから外してしまいます。後は電線に登って光の線を外します。

次はフレッツ光ネクストの引き込みです。今回は引き込みの場所が変わりますので、光ケーブルの引き込み工事が必要です。工事の人によると、Bフレッツからフレッツ光ネクスト・スマートタイプへの移行は、引き込みの場所がわからなければ、局内でゴニョゴニョすれば機器の交換だけで大丈夫とのこと。ただし、古い光の回線(まさしく私のところ)はこれには該当しないそうです。

引き込みは一旦ベランダの壁に中継して、90度でクイッと曲げてうまい具合に綺麗に1階の部屋に引き込んでくれました。NTTの工事の人は、ベランダにふとんを干すことを考慮して、こんな経路にしてくれたようです。宅内には昔BSアンテナケーブルを引き込んだ穴を使って引き込みます。

DSC_0420

光ファイバーは一旦コネクタを経由してルーターに接続します。今までのBフレッツは、ONUに直接光ファイバーを接続していましたが、今度は一旦ボックスのような白いコネクタに接続してから、NTTからレンタルされたPR-500KIに接続します。その間の白いケーブルは、工事に人に言わせると、とても丈夫なファイバーだそうで、ちょっとはそっとでは折れないとのことでした。折れてしまうとNTTに修理依頼をしないといけなかったので(今まではないけど)安心です。PR-500KIにも圧着ではなくでコネクタで接続されていますので、移動したいときも簡単になりました。

2014-07-08 20.06.05

そしてPR-500KIですが、最初の印象はとてもデカイ。最初に想定していた置き場所では入らず、無理矢理設置場所を作りました。頭には無線LANカードが刺さっています。これで無線LANのアクセスポイントになります。

2014-07-08 20.09.24工事の方がフレッツ接続ツールで接続確認して、簡単にひかり電話の設定をしてくれました。これからのプロバイダ(ぷらら)への接続以降は私の作業です。

以上で2時間位の作業でした。工事の担当者は、フレッツ光ネクスト・スマートタイプはサービスが開始したばかりだったので、今回が初めてのフレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプの工事だそうです。無事にフレッツ光ネクストの接続完了です。しかし、工事の人からPR-500KIの初期パスワードを聞くのを忘れ、PR-500KIを初期化したのでした・・・。

設定作業に、つづく。

追記(2014年8月1日)

光ケーブルの宅内の引き込みの写真を追加しました。

追記(2014年8月10日)

PR-500KIがRT-500KIになっていたので修正しました。RT-500KIで検索されてくる人が多いには驚きました。もしかしたら、PR-500KIはNTT東日本で、RT-500KIはNTT西日本からレンタルされているということなのでしょうか?

間違えて買ったPCパーツのご紹介

ということで、間違えて買ってしまったPCのパーツです。

フリーダム リフォーム部材SATA基本編 PUG-20S

これで外付けのブルーレイディスクドライブを付けようと考えました。ハードディスクを整理してSATAのポートを付けました。ドライブをつなげようとしたら、コネクタが違っていた。e-SATAではなかった。

こちらを買わなければいけなかったようです・

フリーダム リフォーム部材e-SATA基本編 PUG-21ES

力が抜けました。ブルーレイディスクドライブはUSBで繋がっています・・・。

尚、取り外すのが面倒なので、写真はございません。