ひかり電話をようやく申し込み

以前から懸案事項であったひかり電話を申し込みました。

2,3質問があったため、116に電話。NTTの担当者はとても親切でした。

ルーターはYAMAHAのRTX1000で接続するため、今回無料(!)でレンタルしてくれるルーターは、ひかり電話専用になりそうです。NTTの担当者からは、もちろんサポート外と言われました。Googleで検索すると、事例がいくつかあるので、大丈夫でしょう。ダメであれば、元に戻します。

今は、ISDNで2つの番号を取っています。今回は、マイナンバーというオプションで2つ番号をもらいます。もちろん、今使っている番号はそのまま使えます。2回線同時に使うことはありませんので、ダブルチャンネルは申し込みをしませんでした。

工事費と現在のISDNの休止で料金が発生しますので、元が取れるのは半年後でしょうか・・・。

ひかり電話は、音が悪いとか、ルーターが切れるとか、FAXがつながらないとか、トラブルがあるようですが、なかなか楽しめそうですね。もう一つ番号を増やして、余ったRT57iをSIPクライアントにして、電話を増やすのもいいかもしれません。番号を一つで100円/月というのも魅力です。

料金と言えば、月額利用料が安くて、通話料もIP電話並になります。切り替える大きな理由はここですが。ただし、無線LANのカードのレンタルが600円/月というは痛いです。最初は、ルーターが無料でレンタルするくらいですから、初期費用で600円でレンタルと思って確認してしまいました。

今まで、NTTの代理店からセールス電話をしてこないように止めていましたが、担当者からはひかり電話に切り替えるとそれができないかもしれないと言われてしまいました。上司の方に確認を取ってもらいましたら、ひかり電話でも止められるとのこと。これは良かったです。止めてもらうと本当に、セールス電話がかかってこないです。

本日、フリーゴルフのGWコンペ開催

本日の18:00からフリーゴルフのGWコンペが開催されます。題して、「ゴ-ルデンウィークぶっ飛びコンペ」。

スコアランキングを表示するように仕掛けましたし、準備はOKです。

さて、フリーゴルフのメインの運営会社であるIRIコマース&テクノロジーさんに無理言って、ブロードバンドのポータルサイトのRBB TODAY記事をかいていだたきました。IRIコマース&テクノロジーさんは、RBB TODAYも運営されています。すると、その他のポータルサイトにも記事が配信されています。Googleで「ゴ-ルデンウィークぶっ飛びコンペ」で検索すると、Yahoo! や、livedoor のニュースで、「ゴ-ルデンウィークぶっ飛びコンペ」が掲載されていることを見ることができます。

しかし、今回のコンペは露出していますが、コンペの参加者が少ないです。みなさん、GWでお出かけの予定なのでしょうか?

個人情報は過剰保護?

今年に施行された個人情報保護法、識者といわれている方の最近の論調ですと、個人情報は過剰保護されていると指摘があります。

このプログで何回も個人情報保護とセールス電話などの個人情報の利用の関係を述べてきましたが、彼らから言わせると切り離して考えるということのようです。「個人情報、過剰保護」でGoogleで検索で検索すると、その辺りの記事は出てきますので、どうぞお読みなってください。あとは、読売新聞の記事でしょうか。

自宅で作業場所と持っていますと、昼間に個人情報を利用したセールスの電話が何回もかかってきます。2世帯ですので、親のほうの電話もものすごくかかってきます。そこで断る理由は個人情報保護法なのです。結局は個人情報をちゃんと管理しなさいというだけの法律(何と乱暴な解釈!)ですが、何も知らないセールス担当者には意外な効果があります。

つまり、法律というのは、個人か会社のどちらに向いたものであるかを考えてもらいたいのです。識者(評論家??)の方々、年老いた親が毎日セールス電話の対応で、必要のない高額な商品を買わされそうになるのですよ。犯罪に巻き込まれるかもしれないのですよ。

公立学校の懲戒処分された教員の氏名を匿名にしたり、官僚の天下り先を公表しなかったり、そんなことは事件や公人の情報ですので、それは別の問題でしょう。読売新聞の記事で、先生の住所を最近連絡簿に載せて配らないとかは、上の方からの指導があるようですが、私の娘の先生は、一人一人に自分の住所を写させていました。個人の判断で、やり方でいろいろできるのです。個人情報保護のせいで名簿が作られず、隣に座った人の名前がわからない。そんなこと、その人に直接聞けばいいでしょう。この記事は、とても????と感じます。

個人情報が過剰に保護されているというのであれば、その利用を制限して欲しいものです。個人情報を提供して無用なトラブルに巻き込まれたり、その対応に時間を取られるのはご免です。ただ、それだけです。私は関係のない会社に個人情報を提供しないことを選びますし、私の個人情報を持っているのであれば、不便になっても他に渡してもらいたくはありません。

 

今日は、何だか自分勝手な内容でした・・・。

Google MAP

XOOPS Cubeの公式ページを見ていましたら、Google Mapに対応したモジュール(gmap)が出ていましたので、早速インストールしてみました。尾道amartment-PXのサイトから手に入れることができます。

gmapモジュール自体は、とても簡単に作っていますが、それ以上に役立ちます。インストールも簡単です。

左メニューの「青山オフィス地図(gmap)」からお入りください。真ん中の赤い印をクリックすると住所を表示します。マウスでグリグリ移動したり、拡大したり、実際の航空写真を見たりできます。

しかも、そのまま大きくすれば、米国とカナダ、イギリス、なぜかプエルトリコの地図も見ることができます。世界がつながっていることが実感できます。

今後は地図内からお店や会社のページに飛ぶようになるのでしょうね。現在は、Googleローカルのベータ版でキーワードから地図にポイントが付いて、ページにリンクするようになっています。

以上、XOOPSを使っている方は、お試しを。