ハムフェアに行ってきました。

初めてハムフェアに行ってきました。ガンダムや鉄道模型のイベントに重なったせいか、会場のビックサイトは盛況でした。ハムフェア自体は初めてなので、混んでいるのかどうかはわかりません。いつもいくシステム系のイベントよりは混んでいるのは確かです。

送信者 北青山通信
送信者 北青山通信
送信者 北青山通信
送信者 北青山通信

クラブのみなさんは楽しまれているようですね。ハムフェアはアルコールはOKのようです(本当?)。ご機嫌な方は大勢いらっしゃいました。クラブに所属していない私にとっては、うらやましい限りです。コールサインを印刷した名刺を作っても、一枚も配らなかったし・・・。

送信者 北青山通信
送信者 北青山通信
送信者 北青山通信

メーカーのブースでは、新製品も出てくるようですね。楽しみです。

送信者 北青山通信
送信者 北青山通信
送信者 北青山通信
送信者 北青山通信

私はといると、アンテナとかPCと無線機とのインターフェースとか、いろいろ散財してきました。

送信者 北青山通信
送信者 北青山通信

明日からは、北海道に旅行に行きます。

不思議なこと。同時送信?

不思議なこと。144MHzのSSBを聞いていたら、144.190MHzでFMで交信しているグループがいた。いつものグループ。すでに報告済み。しかし、同じ内容で145.100MHzでも聞こえる。2つの無線機で同時送信しているの? それともこちらの無線機が壊れている?

6m AND DOWNコンテスト もうおしまい

現在、6m AND DOWNコンテストが開催されています。私の方は、最初と朝の1時間で参加して55局と交信できました。しかし、途中でDUPして、自分の中のルールで早々とおしまいとなりました。

しかし、今回のコンテストでわかったことと不可思議なこと。

  • 呼びだし専門の私には、CTESTWINの周波数リストの機能はとてもよい。どの周波数が既に交信済みかがわかる。これからもCTESTWINを使っていきます。作者の方に感謝です。
  • アルファベットのXとEが間違えられることが何局があった。x-rayとechoって聞き取りにくいのでしょうか? uncleとかunitedとか言ってもechoに取られてしまう。これは1局だけだはなかった。どうしてなんでしょう。
  • 私の空中線電力別の表記はPですが、今までは相手の受信能力に頼って参加してました。それでも今までは何とか取ってもらいましたが、今回は交信不成立でまた今度ということが何局かありました。何かこちらのアンテナか無線機にトラブルがあるのかな?
  • こちらのコールサインを言うと、いきなり名前で返してくださる局がいる。どんなコンテストログソフトを使っているのかな?
  • コンテストになるとクラブ局がたくさん出てくるが、普段は何をしているの? コンテスト専門? 普段は地下に潜っているの?

まだまだコンテストでこちらからCQ出すまでは行かない・・・。

必要のない仮想シリアルポートの削除するためのユーティリティー

シリアルコードWindowsのPCにUSB-シリアル(RS-232C)ポート変換ケーブルをつないだとき、自動的にポート番号を付けてくれる。しかし、COM12とか大きな番号に付けられたとき、アプリケーションのほうで対応していない場合がある。

ポート番号を付け替えることもできるが、使っていないのにCOM1からCOM10まで使用中になっているときがある。これは以前接続してた機器の情報が残っているのが原因。例えばauのLISMO Portの場合、何回も再インストールするとどんどん別のポート番号を使っていってしまう。

Vistaのデバイスマネージャーからいらないシリアル機器のドライバーを削除しようとしても、接続していないとリストに出てこないので削除できない。

諦めかけたときに見つけたユーティリティー。接続していないものも含めて仮想シリアルポートの一覧を表示してくれる。この一覧からデバイスドライバーを削除できる。ユーティリティーで、COM1からCOM10までいらない仮想シリアルポートを整理できた。作者に感謝!

無線機とPCを連動するソフトウェアはシリアルポートを必ず使う。しかも、COM1からCOM10までしか使えない。シリアルポートがないPCが増えてきましたので、どうしてもUSBシリアル変換ケーブルが必要になります。シリアルポートを増設する拡張ボードは高いので買えないし、ノートPCには入れることができない。したがって、仮想シリアルポートで接続する必要がありますので、こんな作業が必要になります。

QSLカードの紙はどれがいい?

月末なので、QSLカードを印刷しました。プリンタについては別記事にするとして、QSLカードの紙について。

毎月送るものだから安いものを探しています。今まで無線機ショップのCQオームさんのABカードのお試しセットを使っていましたが、これだけ注文するのももったいないし、Bカードのもう1ランク上があればいいのですが。

またまたヨドバシカメラに行って店員さんにいろいろ聞いてみます。こういうときは相談するのが一番です。店員さんは親切に相談に乗ってくれます。条件は以下の通り。

  1. サイズははがきサイズ。
  2. インクジェット対応。
  3. 安いもの。
  4. 厚さははがきと同様。
  5. 両面に印刷できること。
  6. 片面は写真印刷対応。できれば光沢。
  7. 郵便番号の枠がないもの。

聞いてみると、はがきサイズだと最後の郵便番号の枠がどうしても付いてしまうようです。この条件で格段と商品が少なくなります。

最初に薦められたのは、100枚入りの試し印刷用の紙。しかし、これだと薄くなるので却下。デザイン用の用紙ではがきサイズのものもありましたが、1枚当たり10円になってしまいます。

諦めかけていましたが、隅のほうにコクヨの「カラーレザー&インクジェット用はがきサイズ用紙 白100枚」という商品がありました。値段も620円で売り場の中では安い方。試しにこちらを購入しました。

しかし、上の条件で写真には対応していないのです。マット紙なのです。さすがに写真を印刷すると汚い。値段の割には発色が悪い。

まだまだ紙探しが続くようです。

やはり、CQオームさんのBカードにしようかな? 値上がりしたとしても1枚4.5円だし。新しくなったようで、前のBカードより、もう少し写真がきれいに印刷できれば申し分ないけど。

あと、CQオームさんからは広告入りの白紙QSLカードというのも売っています。ここまでやってくれる企画力には、ある意味脱帽です。

QRPって迷惑なのかなあ?

入っているアマチュア無線のSNSでの話題。小さな出力で交信することをQRPと言うのだけれど、人によってはQRPでの交信は迷惑だと思っているようで。

私の場合は3アマの免許を持っているので50Wまで取り扱える。しかし、持っている無線機は最大5Wまでしかでない。住宅事情の問題であまり大きな出力を出せないし、最初はそんなに無線にのめり込むことがないと思っていたので、FT-817という小さな無線機を選んでいる。

小さな出力で交信していても相手の受信能力に助けられて交信が成立していることがままある。それに最近ではコンディションがよいので、遠くまで電波が飛んでくれる。タイミングよければ取ってくれる。

よくよく考えてみれば、私のような小さな局の相手をして苦労して交信をすることもないし、ある程度強い局と楽に交信できればいいのだし・・・。私のような小さな局を相手する意味がないのではを考えてしまう。

最初は、アマチュア無線は不確実性を楽しむものと考えていたが、不確実の原因は出力が小さい私の方だったのですね。

私の場合は呼びだしてもQRP指定もしないし、無線機のことを聞かれたら5WのQRPと伝えています。QRP指定して取ってもらいやすくするとかすることもしていません。今まで交信の際に迷惑とは聞いたことはありません。面と向かっては言わないのかなあ?

証券会社の小口個人投資家のように、4アマ相当の小さな局はカスと思われているかもなあ。まあ、国内でKWの電波を飛ばして、他愛のないおしゃべりするのも気持ち悪い感じがしますが。

上位の資格をとって、もっとお金をかけて大きな出力がでる設備を手に入れて気持ち悪いお仲間に入るのかなあ? しかし、これは何だかイヤですね。それとも、ずっとこの設備でアマチュア無線を楽しむには、これからはCWにほうに進むしかないのかなあ? 

こんなことで悩むくらいなら、無線を辞めてしまおうか・・・。

PS. アップした記事を読み返したら、めちゃくちゃな文章ですね。

TinyTrak3 の接続ケーブル作成

先日オークションで落札したTinyTrak3ですが、ようやく無線機とGPSユニットの接続ケーブルができました。やはり今回の場合、無線機の変更申請をしなければいけないのでしょうか?

GPSユニットですが、秋月電子GP-720Fに232Cのケーブルを付けましたが、別冊CQの記事通り接続しても電源ランプが付きません。GP-720Fに付属する説明書通りに電源を入れてあげなければいけませんでした。

最初GP-720Fに接続するピンが間違えてしまい、4800bpsに変更した設定を書き込んだときに壊したようで、もう一つGP-720Fを買いに行くはめに。今度はGP-720FにつなぐUSBのケーブルも一緒に買って、このケープルで無事に設定完了。TinyTrak3に接続して正常に衛星を捕捉したことも確認できました。

2つ買ってもTinyTrak3を出しているByonics社純正のGPSユニットより安いと納得させています。

今度は、どうやって車に載せるかを考えなければいけません。その前に車にアンテナを付けなければ・・。

TinyTrak3 Plus入手

ヤフオクでTinyTrak3 Plusを衝動買い。申請中のTH-79を車に積んでAPRSでも始めようかと購入。これでTH-79の使い道が決まった??

直接、USのメーカーに注文しようと思っていたところ、タイミングよく出品していたのを入札する。終了10分前に入札したが、そのまま終了。

すでに出品者がキットを組み立てたものらしい。メーカーから完成品を通販するよりも若干安い程度。GPSユニットがないので、どこから入手する必要あり。それと無線機との接続ケーブルを作らなければいけない。

また、課題が増えた。秋葉原通いが始まる・・・。

まだ無線局免許票が届かない

3月27日に補正の申請してから、まだ審査中です。去年、同じように無線機を追加したときは1週間ほどで通りました。年度末という申請時期が悪かったのでしょうか?

それにしても遅い・・・。

なかなか無線局免許票が届かない

先々週に電子申請でTH-79の追加で、無線局の変更を申請しましたが、まだ審査中です。

前に申請したデータに無線機を追加しただけ申請をしたので、前の無線機が変更ないのに変更にチェックしてしまって戻されてしまいました。それにしても、なかなか無線局免許票(オレンジ色のシール)が届かない。といっても、このTH-79は何に使うかまだ決めていませんので、急いでないしいいのですが。

総合通信局では、一つづつ手作業で申請のチェックを行っているのでしょうか? がんばっている姿が目に浮かびます・・・。

さて、電子申請ですが、申請した申請書をダウンロードして(ZIPファイルができあがります)、次回はそのZIPファイルを読み込んで修正すればいいのですね。最初は知らなかったので、2つ目の送信機は最初から申請書を作成してしまいました。おかげで第1装置はない状態です。あとから追加しても大丈夫でしょうか?

あと、申請書入力はIEのみのサポートです。普段使っているGoogle Chromeだと「次へ」のボタンが押せません。Firefoxでもダメ。照会はOKなのに残念。申請のためにIEを使っています。