Chromeで画面が小さいので拡張機能がインストールできないときの対応

拡張機能がChromeにインストールできない件ですが、画面を大きくすれば警告メッセージの続行ボタンが出てインストールできるとここで書きました。

しかし、使っているレッツノートは画面が1024×768ですので、Chromeのウィンドウを全画面にしてもインストールできません。

調べてみると、Chromeの起動オプションに

–lang=en-US

を付けて英語で起動すれば、警告メッセージが出て続行ボタンが押せるようになります。詳しくはこちらのページをご覧ください。

Google BlacklistのGeneral settingsが保存できない意外な原因

Chromeの拡張機能であるGoogle BlacklistのGeneral settingsが保存できないというか、Setting Savedボタンが有効ではない件ですが、意外な原因でした。

General settingsの項目のチェックボックスを選択してもダメです。項目のテキストの選択する必要があります。おそらくチェックボックスにSetting Savedボタンを有効にするイベントを設定されていないのでしょう。

おそらくこのバグで、Google Blacklistを使えないと判断する人が多いのではないでしょうか。

これで検索結果に巨大掲示板があったら見えないようにできました。

Googleリーダーで広告を非表示にする拡張機能

前の記事でのフォローです。Googleリーダーであるブログを読んでいると広告ばかりで残念だとかきましたが、Chromeの拡張機能で対応できました。

Google Reader Auto Read AdsというGreasemonkeyスクリプトをインストール。詳しくは、こちらのサイトを参照のこと。Greasemonkeyスクリプトなので、もちろんFirefoxでも対応しています。