年賀状がようやくできた。

年賀状がようやくできあがりました。会社の年賀状です。

会社の年賀状は基本的なデザインは毎年同じです。中の文章が毎年変えています。文章は今年のはやりの物事から自分なりの考察を添えて書いています。

住所管理や印刷はクレオの筆まめを使っています。筆まめは宛名を自動的に綺麗に割り当てて印刷してくれるし、住所の入力も至れり尽くせりとても便利です。

筆まめはバージョン15をまだ使っています。いまは21ですので、ずいぶん昔のバージョンです。しかし、15でもとても機能としては満足しています。クレオさんごめんなさい。今度買いますね。

筆まめVer.21 通常版 CD-ROM

筆まめVer.21 アップグレード・乗り換え専用 DVD-ROM

この辺りのソフトはWindowsが一番いいので、Ubuntuとかその他のOSに完全に乗り換えられないのです。

年賀状の写真撮影

今日は天気がいいからというか、ようやくというか、年賀状の家族写真を撮りました。

子どもだけ写真の年賀状を送りつけるとと、「誰だ。このガキどもは。」と受け取った人はなりかねないので、自分とツレも写真に入ります。

なかなか会えない人に言わせると、家族の写真を毎年のように送ると、子どもたちが大きくなっていく様を見ていける(観察?)のでおもしろいそうです。とくに上のねえちゃんは成長がとても早いというか、変化している年頃なので、並べて観察すると興味深いと言ってくる親戚もいます。

年賀状の写真というか、皆さんに観察データを送っているような気がしてきました。

子供たちは後何年一緒に写真に入ってくれるかが心配です。