年賀状がようやくできた。

年賀状がようやくできあがりました。会社の年賀状です。

会社の年賀状は基本的なデザインは毎年同じです。中の文章が毎年変えています。文章は今年のはやりの物事から自分なりの考察を添えて書いています。

住所管理や印刷はクレオの筆まめを使っています。筆まめは宛名を自動的に綺麗に割り当てて印刷してくれるし、住所の入力も至れり尽くせりとても便利です。

筆まめはバージョン15をまだ使っています。いまは21ですので、ずいぶん昔のバージョンです。しかし、15でもとても機能としては満足しています。クレオさんごめんなさい。今度買いますね。

筆まめVer.21 通常版 CD-ROM

筆まめVer.21 アップグレード・乗り換え専用 DVD-ROM

この辺りのソフトはWindowsが一番いいので、Ubuntuとかその他のOSに完全に乗り換えられないのです。

HP Photosmart C309AのCDレーベル印刷はおまけみたい。

最近HP Photosmart C309aというプリンタを買ったとこのブログでも書きましたが、だいたいは満足しています。CD/DVDに直接レーベルが印刷できるのですが、しかし、これが使えない。

多くのプリンタはCD/DVDの面に直接印刷するには付属のトレイにはめ込んで印刷するのですが、HP Photosmart C309aは本体にトレイを格納できます。普段使わないトレイをいちいち探す出す必要がありませんし、なくすこともありません。ここまではいいのです。しかし、肝心のレーベルを印刷する段になって問題がありました。

HPのプリンタ付属のソフトで白地のCD/DVDに印刷するのですが、このソフトが使い物にならない。デザインの自由度が全くないし、デザインを保存できないという致命的な問題。この印刷ソフトにはガッカリさせられた。

HP Photosmart C309aに対応した別売のソフトを買えば済みそうだが、頻繁にCD/DVDのラベルを印刷するわけではありませんので、このソフトへの投資には躊躇します。後は、持っているグラフィックソフトで印刷しましょうか。しかし、CD/DVDの位置合わせが面倒。

ほんの少しだけ、ソフトの対応が良くなれば、HPのプリンタはすばらしいものになるのですが残念です。良い点10個は悪い点1個に消されてしまうのでした。

名刺サイズの用紙で横方向に印刷する方法。覚え書き。

子どもの小学校のPTA会長をやることになりました(この件は、追々書いていきましょう)。入学式の準備で小学校に行きました。そこで首から提げるネームカードが必要になりました。小学校では身元を提示しなければいけません。そこでネームカードの作成を引き受けることになりました。

ネームカードを簡単に作るには、A4サイズに12枚名刺が並んだ用紙に印刷して切り離すのが簡単でです。しかし、これでは

縁のぎざぎざがいやな感じです。12枚きっちりだったらいいのですが、8枚とか半端な枚数だともったいない。そこで名刺サイズに裁断された用紙を買ってきました。

しかし、この名刺サイズの用紙はプリンタに制限があります。まずは小さな名刺サイズに対応したプリンタではないとプリントできません。持っているエプソンのEP-301はこれはクリア。

まずはどんなソフトで印刷するかを決めます。これから各委員会のメンバーの名札を印刷しなければいけないので差し込み印刷に対応するソフトにします。筆まめという選択もありますが、汎用的につかえるということで

OpenOffice.orgのBaseにします。Sun Report Builderというアドインもインストールします。名簿データはOpenOffice.orgのCalcで作成しておきます。マイクロソフトオフィスのExcel、WordとかAccessなんて持っていないもので・・・。

しかし、OpenOffice.orgのBaseは使いにくいのです。自由なレイアウトができません。例えばテキストの均等割り付けとか、テキストとテキストの間の調整とか、画面の編集と印刷プレビューとが合わないとか、突然編集できなくなるとか、いろいろ使いにくいところがあります。最悪は異常終了になること。まだまだ安定していません。

とりあえずがんばってOpenOffice.org Baseでラベルを印刷できるようにします。Sun Report Builderのアドオンをインストールしておけば、Access並にレポート作成は簡単になります。

横方向でレイアウトしたので、紙を横で入れると紙送りをしません。よく印刷設定を見てみると名刺サイズの用紙は縦方向しか対応していないのです。90度回転するオプションを探しましたがありません。縦で印刷しようとすると、もちろん横方向に印刷するのではみ出ます。さて、どうしたものか・・・。

解決方法は、一度PDFファイルに出力します。JUST PDFなどのPDFファイルの編集ソフトで90度回転してから、縦方向で印刷します。多少手間がかかりますが、これで正しく横方向の名刺サイズの印刷が完了です。

以上、長々を書きましたが、次に名札を印刷するときの覚え書きです。横方向の名刺を印刷するときも使えます。

QSLカード印刷完了。

7月分のQSLカードの印刷が終わりました。6m AND DOWNコンテストがありましたので、いつもより多めです。

先日購入したドリームカード新しいプリンタでHAMLOGを使って印刷しました。プリンタが新しくなりましたので印刷位置を調整します。デザイン側はふちなしにすればいいのですが、表面側はふちなしにするとずれてしまいます。気がつくまで何度も試し刷りをしてしまいました。全体の印刷位置は、#SetXYコマンドで調整すれば簡単です。ただし、0.1mm単位だったのですね。

あとは連続印刷してしまえば簡単です。今回のプリンタはネットワーク経由ではなく直接USB接続なので、途中で止まることなく完了です。多少速くなった感じがします。ただ、インクの減りが早いのは気になります。

プリンタの設定は、プリンタプロパティのお気に入りに登録しました。これで次回は簡単になります。

どうも、私の場合プリンタは不得意です。絶対に一発で上手く印刷できないし、色の調整もうまくいかない。不得意と思っていると、なかなか上達しません。

プリンタ購入

いきなりプリンタを買うことを思い立ち、ビックカメラの通販で購入。

買ったのは、エプソンのEP-301というプリンタ。コピーとかスキャナとか付いていないプリンタだけのシンプルな機種。

今まではキヤノンが多かったが、今回はあえてエプソンにした。最近はどのプリンタを買っていいかわからない。解像度も同じようだし、印刷速度も飛び抜けて速いというわけではない。どうせ今のキヤノンのプリンタと同じプリンタカートリッジが使える機種も出ていないことだし、選ぶのは自由です。今回の選んだポイントは「つよインク200」。あまりポイントにならないか・・・。

意外と大きかったのはビックリ。とりあえずラックに載せていますが、印刷するごとにラックが動くのをどうにかしてあげないといけない。

送信者 北青山通信

写真もL版に印刷するくらいだと、あまり今までのプリンタをわからない。しかし、プリンタが2台になったおかげで、A4プリンタ用と写真印刷と用紙を交換しないのは便利になったかもしれません。これはプリンタの追加購入の理由には、まだまだ弱いかも。周りでは、おもちゃが増えたことになっています。

それにしても、プリンタは安くなったものです。これで15,000円ですから。インクを買ったら、5,000円もしましたよ。インクで利益を上げる戦略か? これでは互換インクに圧力かける訳ですね。

ドリームカード到着

QSLカードを印刷するための立川紙業のドリームカードが届いた。立川紙業は、無線のSNSで紹介してもらった。

サンプルを送ってもらって、その中から上質紙とインクジェットプリンタ用を注文。

注文した後、何も連絡がなかった。注文フォーム入力後、確認メールも来なかった。注文が行っていないと思っていたが、いきなり配達された。メールアドレスでも間違えたのかなぁ?

送信者 北青山通信

そういえば、この配送もヤマトのクロネコで代引きにしてもらったが、いなかったらしく不在連絡票が入っていた。再配達をヤマトのWebで依頼したが、途中でエラーになる。自動音声でもエラーになる。しかたないので電話で依頼。担当にエラーの件を伝えたが、問題ないとのこと。おかしい・・・。

これから今月分を印刷してみるつもり。

プリンタのトラブルとクリーニング

もう長い間使っているキヤノンのMP730というプリンタなのですが、いろいろとトラブルが出ています。

まずは、紙の端に黒い筋が出るというもの。こちらは中の紙送りにインクが付いたままになっていると思いますが、全然掃除していないのが原因。

ローラの清掃してみても変わらない。ローラの清掃は紙を送って掃除するものだが、こんな簡単なことではきれいになるわけはない。

そこでマニュアル通り内部の掃除をする。よく見るとヘッドを動くところのレール(言葉では難しいですね)にインクがべっとり付いている。しかも固まっている。それに下のスポンジにインクが染みこんでいる。こちらを丁寧に拭いてインクを取り除いてあげる。細かいところは綿棒にアルコールを付けて落としてあげる。何回も拭いてあげるとようやくきれいに印刷できるようになった。そういえば以前はキヤノンのサポートの方にやってもらいました。この作業は分解できないので大変です。

次のトラブルは、同じ内容を連続印刷すると途中で止まるというトラブル。こちらは、印刷するPCを変えたりしてみたがダメ。単純に接続しようとプリンタに直接USBケーブルでつないで印刷してみるとうまくいく。原因はコレガCG-FPSUBDというプリンタサーバーでした。CG-FPSUBDを経由すると連続印刷できません。原因はVista対応がきちんとされていないのではないか? 一応はVista対応ですが、後でファームウェアでVista対応された機種ですので、ちょっと怪しい。

何台かでプリンタを使っていますので、プリンタサーバーがないと不便です。Linuxサーバーのsambaをプリンタサーバーにする手もありますが、これだとスキャナを共有するのは面倒なようですので(できるとは思いますが)、単体のプリンタサーバーが必要です。こちらは買い換えか?

連続印刷しなければ使えるということがわかりましたので、これでMP730は廃棄することなくそのままになりました。Windows7の対応でどうなるかわかりませんが・・・。

QSLカードの紙はどれがいい?

月末なので、QSLカードを印刷しました。プリンタについては別記事にするとして、QSLカードの紙について。

毎月送るものだから安いものを探しています。今まで無線機ショップのCQオームさんのABカードのお試しセットを使っていましたが、これだけ注文するのももったいないし、Bカードのもう1ランク上があればいいのですが。

またまたヨドバシカメラに行って店員さんにいろいろ聞いてみます。こういうときは相談するのが一番です。店員さんは親切に相談に乗ってくれます。条件は以下の通り。

  1. サイズははがきサイズ。
  2. インクジェット対応。
  3. 安いもの。
  4. 厚さははがきと同様。
  5. 両面に印刷できること。
  6. 片面は写真印刷対応。できれば光沢。
  7. 郵便番号の枠がないもの。

聞いてみると、はがきサイズだと最後の郵便番号の枠がどうしても付いてしまうようです。この条件で格段と商品が少なくなります。

最初に薦められたのは、100枚入りの試し印刷用の紙。しかし、これだと薄くなるので却下。デザイン用の用紙ではがきサイズのものもありましたが、1枚当たり10円になってしまいます。

諦めかけていましたが、隅のほうにコクヨの「カラーレザー&インクジェット用はがきサイズ用紙 白100枚」という商品がありました。値段も620円で売り場の中では安い方。試しにこちらを購入しました。

しかし、上の条件で写真には対応していないのです。マット紙なのです。さすがに写真を印刷すると汚い。値段の割には発色が悪い。

まだまだ紙探しが続くようです。

やはり、CQオームさんのBカードにしようかな? 値上がりしたとしても1枚4.5円だし。新しくなったようで、前のBカードより、もう少し写真がきれいに印刷できれば申し分ないけど。

あと、CQオームさんからは広告入りの白紙QSLカードというのも売っています。ここまでやってくれる企画力には、ある意味脱帽です。