何でLISPの本が予約ランキングの上位か?

最近よく使っているbk1というオンライン書店サイトを見ると、なぜかLISPの本が予約ランキングの2位に入っている。先日亡くなったマイケルの写真集の次。

LISPといえば括弧だらけのプログラム言語。普通のプログラム言語とはちょっと毛色が違う。プログラムのデータも関係ない。

じつは、私の大学時代の卒業研究はLispを使った知識表現言語の開発でした。1年間はLispにどっぷりつかりました。そのころはSymbolicsのLISPマシンとかMacにつながるXeroxのLISPマシンとがあってLISPがちょっと流行ったころでした。お金がない大学でしたので、そんなLISPマシンを買うことができず、助手の先生が東大から配布してもらったLISP(Common Lispではなかった気がする。MacLispだったかな?)をメインフレーム(!)にインストールしてTSSで使っていた。

しかし、何で今ごろLISPの本に予約が入っているのでしょうか? 今時のLISPはEmacsのLISPしか思い当たりません。興味あるので、私も予約してみようか・・・。

コードを読む

たまには、プログラマらしいことを。

XOOPSや、PHP、Pearなどのオープンなソフトとつきあい始めてから、ソースコードを読むことが多くなりました。ただし、PHPなどのスクリプトレベルですが。プログラムが上達する早道は、サンプルコードを理解すること、特に動いているコードを追いかけてみることと、教え込まれました。そういえば大学の卒研の最初のほうは、1年上の先輩が書いたLisp(!)の1万行のコードを3ヶ月かけて読み込みましたっけ。PL/M(PL/Iのリアルタイム版)のプログラムを取り扱ったときにも、人のソースコードをデバッガで追いかけていました。

今でも、どうしても自分のコードが動かないとか、新しい機能を付けたいとかで、人のコードを追っています。何十年も変わりませんね。でも、そのコードで勉強してもらっています。以前XOOPSの参考書に載っていたサンプルコードが、今ではセキュリティ問題のある典型的な例であったり。本当に、ソースコードが教科書です。