今日はオープンソースコンファレンスに行ったけど・・・。

今日はオープンソースコンファレンスに行ったけど、午前中でお終い。2コマ目でお客さんからヘルプの電話が入った。

ビルの停電でサーバーをシャットダウンしたけど、Webサイトのサービスが正常に動作していないとのこと。詳細のWebサーバーの状況を確認してもらう。

学食で昼食を取って連絡を入れてみると、WebサーバーのWindows ServerからファイルサーバーのQNAPが見えなくなったと。リモートで入ってみたけどわからない。そこで行ってみることにする。オープンソースコンファレンスの会場の明星大学は、日野というか多摩にあるのでお客さんの赤坂まではとても遠い。モノレールとJRを地下鉄を乗り継いで行きます。

行ってみると、Windows ServerからQNAPが見えていない。おかしいなと見てみると、QNAPのIPアドレスが初期アドレスに戻っていた。クライアントのPCのIPアドレスを無理矢理QNAPと同じネットワークに設定して接続する。あとはQNAPの設定WebサイトからIPアドレスで振り直す。これでWebサイトは復活した。

何でこんなことになったかは不明です。共有フォルダとかユーザーなどの設定は残っていた。一番は、ディスクに入っている膨大なファイルが消えていなかったのがよかった。

しかし、こんどは別のTeraStationのファイルサーバーが使えなくなっていると報告が来た。こちらは私の管理下ではないけど対応する。

こちらもIPアドレスが初期値に戻っていた。DHCPサーバーからIPアドレスをもらえていないのが原因か。ヤマハのRT105eがDHCPサーバーになっているはず。こちらフォーバルさんが電話機と一緒に設置している。RT105eにアクセスしたくてもパスワードがわからない。フォーバルさんが休みだし、さてどうするか。

ヤマハのルーターの場合は、シリアルポートから強制的にログインできるのです。ヤマハのルーターにはシリアルポートが付いていてよかったよ。だけどログインして設定情報を見ても、DHCPサーバーの設定にはおかしいところはない。ますは、TeraStationのIPアドレスを無理矢理設定する。こちらもTeraStationを同じネットワークにクライアントPCに設定しなければいけない。

TeraStationのIPアドレスを設定しても、接続できないPCと接続できるPCがある。接続できるPCは、DHCPからIPアドレスが正しく払い出されない。IPアドレスを設定してあげるとTeraStationに接続できる。接続できないPCは正しくIPアドレスがDHCPで払い出される。

ということは、ネットワークの途中で何か障害が起きているようだと予想した。ルーター配下からLANケーブルをたどっていく。LANケーブルにはタグもないし同じ色のケーブルだしということで大変。すると何段もハブを経由している。

一台おかしなハブがあった。上と下が1ポートしか使っていない。つまり、全く必要としないハブを見つけた。このハブを試しに取り除いてみる。何と、これでIPアドレスが払い出されていなかったPCにも、正しくIPアドレスが設定できるようになった。同様にTeraStationにも正常にアクセスできるようなった。

以上で解決。おそらくお客さんのほうで長年ネットワークが増設し続けて、いらないハブが出てきて、このハブがトラブルになってしまっていたのだろうと思う。しかしながら、一発でトラブルのハブが見つかって運がよかった。

以上、本日の作業報告は終わりです。オープンソースコンファレンスの懇親会に参加できなくて残念でしたよ。でも、明星大学は遠いのよね。もっと近くでやってくれないかしら。

ファイルサーバー(NAS)を発注

お客さんのファイルサーバーを発注しました。既にWeb+DBで使うPCサーバーをお客さんが発注して、予想外に早く届いたようだ。こちらに送っていただくようにお願いしていたが、手違いでお客様のほうに届いたようで、こちらに転送してもらう。

慌てて残りのファイルサーバーやルーターを発注した。ファイルサーバーは故障しても、オンサイトで面倒見てくれないので、こちらで注文してあとで請求する。

ファイルサーバーといっても大それたものではない。いつものバッファローのテラステーション。しかし、民生品としてもテラステーションは侮れない。自分の所を含めて何台か導入しているが、トラブルが少ない。パフォーマンスよりも安定していることが肝心。

しかし、今回は念のために、バックアップ用のUSB外部ドライブと、交換用のハードディスクドライブも一緒に導入している。ファイルサーバーの設定はRAID6を利用する予定。本来ならば、2台のテラステーションで二重化すればいいのだが、予算の関係でバックアップは外部ドライブへ。

あと、発注は出入りの業者なんて知らないので、いつものアマゾンで通販。ここが安くて早い。美味しい(この場合、質がいいのか)なら三拍子が揃うのだが・・・。

またサーバーの修理

朝、ファイルサーバーにアクセスできないと思ったら、またオレンジの警告ランプが付いていた。ログを取ってみると、前回と同じ障害。

保証期限が迫ってきているので、早速DELLのサポートに連絡。症状を伝えると修理の履歴から今度はマザーボードを交換とのこと。

部品の発注とエンジニアの手配をお願いする。部品は明日朝到着。エンジニアの方は15:00に来社。

今度は上手く直りますように。