#WordPress を3.2にしたらAnalytics360が動かない?

前の記事の通り、WordPress を3.2にアップデートしました。しかし、問題があるようです。

まずは、Google Analytics をWordPressの管理画面から参照できるAnalyticss360というプラグインが動きません。WordPress.orgでも話題にのぼっていますし、プラグインのダウンロードページでもしっかりBrokenになっていますので、バーションアップで対応してくれることでしょう。Analyticss360は、よくこのサイトにどんなキーワードで検索してくるかを楽しみに見ているので、早く対応してもらいたいものです。

あと、ダッシュボードのホームのページで被リンクやプラグインのブロックが読込中で止まっていまし、表示オプションやヘルプのボタンが効かないとか、ブロックがマウスで移動できないとか、自分のサイトでは細かい障害がありました。

WordPress3.2へは覚悟してバージョンアップしたほうが良さそうです。

 

使えるねっとVPSをPHPを5.3にバージョンアップしたら障害たくさん出てきた。

暑さのせいでしょうか? 勢い余って、CentOSが6にバージョンアップされることが待てず、使えるねっとのVPSのPHPを5.1から5.3にバージョンアップしてしまいました。するといろいろ問題が起こりました。PHPのバージョンアップの目的は、WordPressを3.2にすること。結果としては、PHPはバージョンアップしないほうがよかったです。

とりあえずはローカルのサーバーでテストしていました。CentOSの5.6をインストールしているサーバーのPHPをアップグレードしています。こちらはうまくいっていました。

しかし、使えるねっとのVPSはうまく行きませんでした。それでも、むりやりバージョンアップしたら、管理ツールのPleskが動かなくなりました。そして、MySQLも起動できなくなって再インストール。こちらは何とか起動できました。データベースのバックアップがありましたのでリストアして元通り。WordPressのページは文字化けでするようになりましたが、wp-confing.phpの文字コードをutf8に設定を削除したら文字化けが直りました。

そして、お客さんのサイトがPHPで動いていたフォームメールが動かなくなっていました。こちらはPEARのライブラリもバージョンアップして、SMTPサーバーを外部サーバーに設定することで対応。ローカルのsendmailが使えなくなってしまったようです。

これでサーバーは外から見ると元に戻っています。WordPressは正常にアップデートできていますので目的は達成していますのでいいのですが(Google Analyticsが参照できるAnalytics360プラグインがWordPress3.2では動かないが・・・)、Pleskが動かなくっていますので、サーバーの設定がWebでできなくなっています。Pleskはあると便利なのですが、いろいろ制約があるので面倒なのです。

いっそのこと使えるねっとから乗り換えることも考え始めました。サーバーを決めるときは使えるねっとは、よかったのですが、最近はサービスがよく止まるし、サポートページは整理されていなくて改善されることもないし、今は他にもっとよいサービスも出ているので乗り換えてもいいかと思います。もっと安価で安定したサービスを探しています。

WordPress3.05バージョンアップ

ここのブログで使っているWordPressが3.05にバージョンアップされていたので、アップデートをしておく。

WordPress 3.0.5 (そして、3.1 リリース候補 4)

ダッシュボードから簡単に更新する。バージョンアップはこまめに忘れずに。

レンタルサーバー会社からのMySQLバージョンアップの回答。#wordpress

先ほどの記事でWordPressが2.9になったことで、MySQLのバージョンが古いので、レンタルサーバー会社にアップデートを依頼した件、早速回答がありました。珍しく回答が速い。

回答は予想通りアップデートしないとのこと。もし、新しいMySQLを使いたかったら別のサーバーに移ってくれとのこと。ただし、移行は自分で行えと。

でも、アップデートしないということは、既に4.0はサポートされてなかったはず。こんなことで大丈夫なのでしょうか? これが普通のサーバー会社の対応? まあ、バージョンアップしたときのリスクを負いたくないというのは当たり前の考えかもしれませんが、もし何か問題があったらどうするのでしょうか?



Eclipse-PDTを上書きインストールしたらプラグインが無効に

先ほどの記事のように、Eclipse-PDTを上書きインストールしたらプラグインが無効になってしまった。とりあえずの必須のプラグインは、

の2つ。再インストールしようにも、うまくいかない。

Clay Database Modelingは2.0になっていて、旧バージョンのアップデートサイトがクローズされている。旧バージョンのライセンスは購入しているが、開発元のアズーリによると、旧バージョンは新しいバージョンにアップデートしろとのこと。しかし、旧バージョンからのバージョンアップはなし。しかもライセンス料は80,000円也。機能とコストが全く見合わないのでアップデートはやめておく。別のデータベースモデリングのプラグインを探さなければいけない。

プラグインを有効にどうしてもできないので、しかたないので再インストールをしなければいけない。なにげにアップデートしたら、こんな羽目になった。残念。