ノートPCをバックアップしたが、ソフトが古くてリストアできない。

今使っているレッツノートのハードディスクをパックアップしました。使ったソフトは、TrueImage11 Home。パッケージも開けずに放っておいたもの。今は、2つくらいバージョンアップしているらしい。

ハードディスクには60GBほどデータがありますが、バックアップすると圧縮されて30GB位になります。こちらは、LinuxサーバーのSamba経由で、iSCSIのTeraStationのボリュームに入れてしまいます。

ここまではうまくいました。しかし、リストアがうまくいかなさうです。TrueImage11ではブートディスクが作成できます。ブートディスクとしてCD-RやUSBメモリを指定できます。

ブートディスクで起動すると、TrueImage11の完全版とEasy版を選択できます。Easy版を選択するとTrueImage11が起動できますが、ローカルディスクしかドライブが見ることができません。Easy版ではネットワークのドライバを読み込まないようです。デスクトップのPCであれば、もう一つローカルのハードディスクをつなげればいいのですが、ノートPCはそうはいきません。

次に完全版と選択すると、TrueImage11は起動できません。黒い画面のままで止まります。完全版であらばUSBとかネットワークのドライバを読み込んでくれるので、ローカルディスク以外にバックアップファイルを置いているときは、TrueImageの完全版ではないといけないようです。

このままではリストアできないので、開発元のAcronisのサポートに連絡しておきました。古いソフトでサポート期限を過ぎていますが、リストアだけはサポートしてくれるようです。期待しないで回答を待つことにしましょう。

TrueImageを買ったときと、今はサポートしている会社が変わったようです。最近開発元の日本法人が変わっているというあまりよくないパターンです。日本で儲かったので、日本の代理店を切って直接自分で売ってしまおうという。こういう会社は得てしてサポートが悪くなるもの。Acronisはどうサポートしてくれるのでしょうかね。

結果としては、バージョンアップか新しくバックアップソフトを買い換えになるでしょう。

データベースモデリングツールCrayからER Masterに移行

今までデータベースを設計するには、Cray Database Modelingというツールを使っていました。Cray Database ModelingはPro Editionのライセンス購入しています。Pro Editionの有償版を購入することで、ドキュメントの出力とDBからのインポート(リバースエンジニアリング)が可能です。しかし、開発元のアッズーリから新しいバージョン販売によって、現在のバージョンのサポート中止、現バージョンのダウンロードの中止になってしまいました。新しいバージョンにするには、再度ライセンスを購入する必要があります。しかも、新バージョンのライセンス価格は値上げになっています。これは、商用のソフトウェアを利用する上での、悪いことが重なっているようで、今回移行のバージョンアップは見送りにしてしまいました。

このまま、旧バージョンになったCrayを使い続けていけばいいのですが、旧バージョンがダウンロードできないということと、このような仕打ちをする会社の製品を使いたくない、さらによりよいソフトウェアを使っていきたいと思いますので、次のモデリングツールと探すことにしました。

条件としては次の通りです。

  • E-R図を作成できる。当たり前!
  • 対応するデータベースは、PostgreSQLとMySQL。できればSQLServerも対応。
  • CREATE TABLEを含んだDDLを出力できる。
  • データベースのテーブル構造図を出力できる。
  • Eclipseのプラグインとしてインストールできる。

そこで見つかったのは、ER MasterというER図用GUIエディタです。ER図用GUIエディタといっても、以上の条件はすべてクリアしています。しかも、Crayと違ってテーブル構造図はExcelのファイルに出力できます。CrayはHTMLファイルしか出力できませんので、紙での配布では違うフォーマットにしてあげないといけないので大変でした。Excelに出力できることで、顧客へのドキュメント提出は楽になります。しかし、まだExcelファイルへは英文なので、テンプレートをなんとか修正しなければいけないようです。

とりあえず、ER Masterを使っていきたいと思います。これでCrayを使う理由はなくなってしまいました。使用結果は、順次書いてきます。

Twitter Weekly Updates for 2009-11-22

  • 一つ案件は仕切り直しに直しになりました。こちらが多忙でずっと先延ばしにしていた案件。ご迷惑をおかけします。 #
  • 修正が来ないので、おそらく案件は完了? 長かった・・・。 #
  • 終わった案件は、孫受けなので、詳しい内容は会社のリリースに打てないなあ・・・。 #
  • 立ち読みで中身をメモっちゃダメでしょ。本屋で本を買わなくちゃ。 #
  • [MM読了]自転車少年記―\あの風の中へ (新潮文庫) http://bit.ly/1BKWlU #
  • ゲームサイトの対応完了。あるISPからアクセスすると、トップページにアフリエイトのバナーを表示しないように対応。 #
  • 大人の科学。付録が二眼レフカメラだった。まずい。買いそうだった。 #
  • [MM読了]四度目の氷河期 http://bit.ly/3vdRfU #
  • [MM読了]ガルヴィ 2009年 12月号 http://bit.ly/IZtG5 #
  • [MM登録]Software Design (ソフトウェア デザイン) 2009年 12月号 [雑誌] http://bit.ly/4yxb6q #
  • ブラウンのひげ剃りの修理の送料は、保証期間内でもこちら持ちなのね。ガッカリな会社。 #
  • [MM週間記録11/15-11/21]登録4件/購入3件/金額7371円/読了9冊 http://mediamarker.net/u/anpasan/ #
  • [MM登録]CQ ham radio (ハムラジオ) 2009年 12月号 [雑誌] http://bit.ly/4wyDx1 #
  • [MM登録]MySQLによるタフなサイトの作り方 http://bit.ly/4EzIVk #
  • [MM登録]別冊 CQ ham radio (ハムラジオ) 2009年 12月号 [雑誌] http://bit.ly/7a9OX4 #

Powered by Twitter Tools

Twitter Weekly Updates for 2009-11-15

  • また、日本エステートいう会社から電話。以前、もう電話するなと言ったが、また電話があったので今度こそ電話を止めてもらう。 #
  • また、セールス電話が多くなった。金融商品とか壁の塗り替え、屋根、リフォームとか。断っても断ってもダメ。また名簿が回っているのか?? #
  • [MM読了]WEB+DB PRESS Vol.51 http://bit.ly/3dcHPt #
  • 集中。集中。 #
  • [MM登録]BE-PAL (ビーパル) 2009年 12月号 [雑誌] http://bit.ly/28mmxZ #
  • [MM登録]ガルヴィ 2009年 12月号 http://bit.ly/IZtG5 #
  • [MM登録]日経 Linux (リナックス) 2009年 12月号 [雑誌] http://bit.ly/E60V6 #
  • [MM登録]エレキジャック 2009年 11月号 [雑誌] http://bit.ly/u7lya #
  • [MM登録]四度目の氷河期 http://bit.ly/3vdRfU #
  • [MM登録]棘の街 (幻冬舎文庫) http://bit.ly/1nxn2P #
  • [MM読了]夢見る黄金地球儀 http://bit.ly/2yqwd7 #
  • こんなデジカメを出すなんて、リコーはなんておバカな会社なのだ。でも、そんな会社が大好きなのです。http://bit.ly/27Xndx #
  • 朝起きたら、Vistaがブルースクリーン。 #
  • これは安くなった。契約してしまおうか。Googleのウェブアルバム。https://www.google.com/accounts/PurchaseStorage #
  • [MM週間記録11/8-11/14]登録6件/購入6件/金額5900円/読了1冊 http://mediamarker.net/u/anpasan/ #
  • [MM登録]20世紀少年 第1章 終わりの始まり 通常版 [DVD] http://bit.ly/3PCiwx #
  • [MM登録]20世紀少年<第2章> 最後の希望 http://bit.ly/4yHkiJ #
  • [MM読了]20世紀少年<第2章> 最後の希望 http://bit.ly/4yHkiJ #
  • [MM読了]20世紀少年 第1章 終わりの始まり 通常版 [DVD] http://bit.ly/3PCiwx #
  • [MM読了]日経 Linux (リナックス) 2009年 12月号 [雑誌] http://bit.ly/E60V6 #
  • [MM読了]日経ソフトウエア 2009年 12月号 [雑誌] http://bit.ly/1qgO73 #
  • [MM読了]BE-PAL (ビーパル) 2009年 12月号 [雑誌] http://bit.ly/28mmxZ #
  • [MM読了]Software Design (ソフトウェア デザイン) 2009年 11月号 [雑誌] http://bit.ly/3l0hn2 #
  • [MM読了]WEB+DB PRESS Vol.52 http://bit.ly/1c9yXX #

Powered by Twitter Tools

Twitter Weekly Updates for 2009-10-25

  • 自転車で鶴見川サイクリングから帰った。 #
  • 今日は餃子です。包みに行きます。 #
  • いきなり日曜日の晩にバグ報告が来た。気になったので対応。 #
  • au携帯電話がおかしかった。どのお気に入りを選んでも、auトップに行ってしまう。再起動したら戻った。 #
  • [MM登録/読了]陽気なギャングが地球を回す http://bit.ly/1PhcUv #
  • [MM登録/読了][24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ‾スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用 (WEB+DB PRESS plusシリーズ) http://bit.ly/4k4RMt #
  • Googleリーダーのフィードが300件を越えた。読むフィードを選択し始めよう。 #
  • 明日(もう今日ですね)、お客さんに開発しているサイトを見せなくてはいけないので、まだ作業中。 #
  • [MM登録]エンジニアのための文章術再入門講座 http://bit.ly/2AXq84 #
  • [MM登録]エンジニアのためのJavadoc再入門講座 http://bit.ly/3J16EI #
  • [MM登録]Software Design (ソフトウェア デザイン) 2009年 11月号 [雑誌] http://bit.ly/3l0hn2 #
  • LISMO Portを4にバージョンアップしたら、起動できなくなった。 #
  • 管理センターと称するセールスから電話。何の管理センターと問い詰めたら、ふとんだった。管理センターと言うだけで、自分の会社名は言わない。絶対に怪しい。 #
  • [MM登録]自転車少年記―あの風の中へ (新潮文庫) http://bit.ly/1BKWlU #
  • [MM登録]ボーイズ・ビー (幻冬舎文庫 か 23-1) http://bit.ly/r65Fg #
  • [MM登録/読了]クロスバイク&ミニベロお助けブック http://bit.ly/2byrEj #
  • [MM週間記録10/18-10/24]登録8件/購入8件/金額11339円/読了3冊 http://mediamarker.net/u/anpasan/ #

Powered by Twitter Tools

Adobe Reader 8から9へ自動アップデートできない?

今までAdobe Readerは8を使っていましたが、Adobeのサイトを見ると9が出ていた。

でも、8の「ヘルプ」メニューから「アップデートの有無をチェック」を実行しても、「ないよ!」と出てくる。自動的にアップデートをできないようです。

しかたないので、AdobeのサイトからAdobe Reader 9をダウンロードしてインストールしました。

なんだか納得できない自動アップロードの機能です。Adobe Readerにはセキュリティ上の問題があるとのこと。必ず頻繁にアップデートしたほうがよいソフトウェアです。大丈夫か? > Adobe

Adobe Readerは、「環境設定」メニューからJavascriptの使用をOFFにしておいたほうが無難です。

サーバーのハードディスクが遅い。その対応。

先日組んだサーバーですが、非常にハードディスクのアクセスが遅い。ソフトウェアRAIDにしたのが原因だと思っていたが、どうもハードディスクの設定がおかしいようだ。

無理矢理DMAモードにしても変わらない。そこで青山オフィスに行ってBIOSの確認。

何のことはないハードディスクがAHCIになっていなくて、Serial ATAの性能を引き出していなかった。

よくBIOSの設定を見るとハードウェアRAIDの設定ができるのですね。知らなかった。いまさらOSの再インストールする気もないし、そのままで行こうか・・・。

PICのお勉強

PICというマイコンのお勉強を始めています。これを仕事にするのではなく、あくまでも趣味の電子工作です。

今はパソコンと言われていますが、大昔はマイコンと呼ばれていました。基盤剥き出しで入力は16進キー、出力は8セグのLED。有名なところではNECのTK-80でしょうか・・。

TK-80が出たのは中学生のころでしたでしょうか? TK-80は高くて買ってもらえず、その後高校生になってPC-8001を買ってもらったのを覚えています。それでプログラミングはBASICから入りました。TK-80を買ってもらっていたら機械語になっていたのでしょうか。

ずっとコンピュータの世界にいますが、ずっとソフトウェアで仕事しています。ソフトウェア屋からすると、ハードウェアにあこがれ(嫉妬?)があります。ある会社にいたときは、工場の制御の部隊にいましたが、あくまでも私はソフトウェア開発の仕事をしてました。隣ではプロコンでハードウェアを制御していましたが、私はインテルマイコンで工場の業務支援をするといったシステムを開発するといった一見レベルが高そうな仕事をしていそうですが、結局は上司からはハードウェアを理解できていない人間に、工場の制御を任せられないということのようでした。

それから、部署が変わっても会社が変わっても、ハードウエアの開発なんて縁のないものになりました。

ふと思って簡単なマイコンの開発ができると聞いて、PICマイコンを触り出しました。まだまだLEDを点灯する程度ですが、部品をハンダしたりでちょっとはハードウェアを作っている雰囲気を楽しんでいます。PIC Kit 3も買ってしまったし、やらなければいけないように自分に仕向けていますが。

やはり、ソフトウェア屋の性で、プログラミングのほうを凝っていくのでしょうか・・。

何でLISPの本が予約ランキングの上位か?

最近よく使っているbk1というオンライン書店サイトを見ると、なぜかLISPの本が予約ランキングの2位に入っている。先日亡くなったマイケルの写真集の次。

LISPといえば括弧だらけのプログラム言語。普通のプログラム言語とはちょっと毛色が違う。プログラムのデータも関係ない。

じつは、私の大学時代の卒業研究はLispを使った知識表現言語の開発でした。1年間はLispにどっぷりつかりました。そのころはSymbolicsのLISPマシンとかMacにつながるXeroxのLISPマシンとがあってLISPがちょっと流行ったころでした。お金がない大学でしたので、そんなLISPマシンを買うことができず、助手の先生が東大から配布してもらったLISP(Common Lispではなかった気がする。MacLispだったかな?)をメインフレーム(!)にインストールしてTSSで使っていた。

しかし、何で今ごろLISPの本に予約が入っているのでしょうか? 今時のLISPはEmacsのLISPしか思い当たりません。興味あるので、私も予約してみようか・・・。

必要のない仮想シリアルポートの削除するためのユーティリティー

シリアルコードWindowsのPCにUSB-シリアル(RS-232C)ポート変換ケーブルをつないだとき、自動的にポート番号を付けてくれる。しかし、COM12とか大きな番号に付けられたとき、アプリケーションのほうで対応していない場合がある。

ポート番号を付け替えることもできるが、使っていないのにCOM1からCOM10まで使用中になっているときがある。これは以前接続してた機器の情報が残っているのが原因。例えばauのLISMO Portの場合、何回も再インストールするとどんどん別のポート番号を使っていってしまう。

Vistaのデバイスマネージャーからいらないシリアル機器のドライバーを削除しようとしても、接続していないとリストに出てこないので削除できない。

諦めかけたときに見つけたユーティリティー。接続していないものも含めて仮想シリアルポートの一覧を表示してくれる。この一覧からデバイスドライバーを削除できる。ユーティリティーで、COM1からCOM10までいらない仮想シリアルポートを整理できた。作者に感謝!

無線機とPCを連動するソフトウェアはシリアルポートを必ず使う。しかも、COM1からCOM10までしか使えない。シリアルポートがないPCが増えてきましたので、どうしてもUSBシリアル変換ケーブルが必要になります。シリアルポートを増設する拡張ボードは高いので買えないし、ノートPCには入れることができない。したがって、仮想シリアルポートで接続する必要がありますので、こんな作業が必要になります。