php-adifをGitHubに公開しました。

アマチュア無線のログデータの交換フォーマットであるADIFデータフォーマットを解析して、PHPの配列に展開するクラスライブラリであるphp-adifをGitHubに公開しました。ここからダウンロードできます。バグ報告は、GitHubのPull Requestで受け付けます。

アマチュア無線は今となっては、とてもマイナーな趣味であり、しかもそのログ交換データフォーマットですので、ほとんど使われることはないでしょうね。もし、ログを取り込んで処理をするなんてアプリケーションを作成するときにお使いください。自分もこのクラスライブラリを使って、もっとマイナーなサービスを作成しようかな・・・。

今回はソースを公開するというよりも、試しにGitHubでどのようにソースを公開するかを理解するほうの実験の意味合いが大きいと思います。

ADIFのマルチバイト対応は難しい

アマチュア無線のログデータを交換するデータ形式にADIF(Amateur Data Interchange Format)というものがあります。趣味のプログラムでインポートクラスライブラリをPHPで作成してみました。

ADIFでは

Head Data Head Data Head Data
<eoh>
<call:6>WN4AZY<band:3>20M<mode:4>RTTY<qso_date:8>19960513<time_on:4>1305<eor>
<call:5>VK9NS<band:3>40M<mode:5>PSK63<qso_date:8>20101022<time_on:4>0111<eor>

のような形式になります。元々の仕様は、シングルバイトしか考えていないようなので、こちらに日本語を含んだマルチバイト文字を設定すると対応が難しくなります。見ての通り、コロン(:)の次にはデータ長が入ります。例えば、日本で一番使われている某ログソフトではシフトJISしか考えていないので、日本語を含んだコメントは

<comment:6>テスト

のようにマルチバイト文字は2バイトで出力されてしまいます。しかし、UTF8上では、2バイトに限らないので、このデータ長での指定は使えません。<>の区切り文字で解析していくことになります。コメントに<を使われたりすると、値の終了がどこだかわからなくなってしまいます。シフトJISのまま処理しようすれば、マルチバイト文字の2バイト目に<を使われれば難しくなります。

ADIFのドキュメントを読んでも<>:のような区切り文字をエスケープすることは記述されていませんので、どうしてもデータ長で値を読み込んで行くのでしょう。

某ログソフトのADIFのエクポートが、

<comment:3>テスト

のように、文字数で出力してくれればいいのにと思うのですが、昔のシフトJISを基準にしているので無理だろうなと思うのでした。後はADIFのバージョン3に記述されているXMLベースのADXファイルフォーマットに期待です。

ツレのリベンジなる。アマチュア無線4級。

本日、ツレが試験を受けに行きましたが、証明写真を撮るのを忘れたとか、試験会場の道がわからないとか連絡がありましたが、どうやら無事に合格したようです。

20年来のリベンジです。開局するのかな?

Embedded Link

アマチュア無線の免許を取ろう!
いわゆる「国試」を受験する方法です。国家試験は日本無線協会が実施しています。地域によって開催数はまちまちですが、第4級アマチュア無線技士の国家試験については、日曜日の開催も増え、とても受験しやすくなりました。また第1級・第2級アマチュア無線技士の国家試験についても、年3回開催となりましたので資格

Google+: View post on Google+

アフター50プロジェクト がんばってもらいたい。 #After50Project #アマチュア無線 #hamrjp

アマチュア無線をやめたといいながら、ハムフェアにのこのこ出かけていきました。

送信者 メジロ通信(仮称)

チケット窓口でおじいさんが声高に怒鳴っているわ、警備と主催者の人ともめている人がいるわで、相変わらず悲しい人がいるハムの世界ですが、一つだけいいことがありました。

十代のみなさんが、アマチュア無線の将来を考えてアフター50プロジェクトを立ち上げていらっしゃいました。ブースを出店していて、冊子を配布(通常は販売)されていました。冊子はとても立派なもの。ジュニアハム向けのハムの入門書です。出版社が出しているどのハムの入門書よりもわかりやすく書かれています。

お話しを伺うと、将来50年後、このままでは誰とも交信できなくなってしまうのではないかという、危機感からプロジェクトを立ち上げられたのこと。自らジュニアハムの仲間を増やして、アマチュア無線を残していこうという試みです。すばらしい。がんばっていただきたい。

早速、自分の娘に冊子を読ませます。本人はアマチュア無線の免許を欲しいと口では言っていますが、どうなることやら。

本来なら、JARLがやらなければいけないこと。しかし、今は頼れない。でも、こうした活動があるとは、まだまだハムも捨てたもんじゃないと思いました。

もう一つよいことを思い出した。7J7ACTの三沢のサイモンさんに会えたこと。日本語お上手。交信そのまま想像した通りのお人だった。

ヘッドセットの部品が入荷したという連絡があった。 #hamrjp

無線をやめるといながら、どうも足りない部品があると気になるもので、お店に注文しておいた。いざとなったとき(災害?)にないと困ると思ったから。

注文したのは、ヘッドセット(CEP500F)の耳の中に入れるイヤーバッド。無くしてしまった。どのお店でも部品では取り寄せてくれない。新しく全部買わないといけないと言われたもの。新しく買うと3,000円也。高い。メーカーに問い合わせても返答がないし、何て業界なんだとあきらめていた。

ふと立ち寄った秋葉原の富士無線という無線機屋さん。商品の陳列が雑多でいままで近寄らなかった(こういうお店に入るには勇気がいります)。店の人に聞いてみると、親切に問い合わせてくれた。入手可能とのこと。左耳右耳用とある。どうせ無くすのではと、左耳用を2個注文。一つ800円也。

話しを聞くと、他の店ではこういう小さな部品は面倒なので、なかなか取り寄せをしてくれないそうだ。メーカーから他の商品ついでに一緒に取り寄せてくれるとのこと。気長に連絡を待つとする。

しかし、本日入荷したと連絡があった。3日しか経っていない。なんて早いのだ。都内に出かけるときに立ち寄ることにする。

 

JARLの会員継続は保留

JARL(日本アマチュア無線協会)から会員継続の案内がきました。1年間で7,200円となります。

しばらく無線もやっていないし、カードも発行していないので、継続しないことにします。JARLもだんだんと会員を減らしていくのでしょうか。

送信者 メジロ通信(仮称)

JARLには終身会員という制度があるそうで、まとめてたくさんお金を払えば終身会員として登録された時代があったようです。終身会員なれば、一生会費を払わずにサービスや会員の権限が行使できるという。結局の所、終身会員で集めたお金はどこに消えたはわかりませんが、この制度がJARLの財政を圧迫しているようで、一度終身会員の制度が廃止になりかけた。しかし、終身会員のみなさんの反対で制度はそのまま。終身会員にとっては継続は当たり前かもしれないが。

だけど、このままだと財政が破綻するおそれがあるので何とかしなければいけないようだが、どうもこうもなりそうもない。なんだか、どこかの国のようだ。借金できる国と違ってJARLは単なる財団法人なので、お金を使い果たした時点で消えてなくなってしまうこともありえる。自分のような終身会員ではないものが、どんどんやめていっているのではないかな? 残ったのは会費を継続して収めていっていない終身会員だけなんてこともあるかもね。みなさん、墓場までJARLを持っていくのかな。

いろいろ権利を主張したり、損得勘定したり、裁判で訴えてやるとか、いろいろ書いている終身会員の人がいるけど、これでいいのかな? そんなことを平気でブログに書いている終身会員の人の記事を読むといやになるし、同じハムをやっている人間から見ると恥ずかしいし悲しいし、JARLの会員としてこんな自分の勝手に主張する人と一緒に入っていたくない。終身会員になった年から精算して、損得関係なくしてチャラにするなんて考えなど、ないのでしょうかね? 契約は大事かもしれないが、今はそんなことを言っている状況ではないから、JARLを財政を支えるため、なおかつ存続するためにも協力しましょうなんてないのかな? このままでは、アマチュア無線の団体が存在しない世界的にも珍しい国なんてありえるかも。そんなことよりも包括免許とか、周波数の拡大、不法局の問題、若い人たちも無線を楽しんでもらうとか、いろいろ考えてもらいたかったことがあったのにな。

まあ来月で会員でなくなるし、無線もやめてしまっているので、これ以上何を言っても(会員であっても変わらなそう)仕方ないけど。では、とりあえず、さようならJARL。よくなってまた会うときまで。

CQ Ham Radio定期購読の停止

アマチュア無線の唯一の月刊誌にCQ Ham Radioという雑誌があります。おそらく一般の人は知らないと思います。自分は定期購読をしているので、Fujisan.co.jpから本日CQ Ham Radioが届きました。

アマチュア無線をやめたのでCQ Ham Radioは、必要なくなりましたが、Fujisan.co.jpで定期購読を止めるのを忘れていました。こうなったら一年間購読し続けるかと思っていましたら、途中解約できるのでした。考えてみれば当たり前ですが。

CQ Ham Radioの記事は、どういうわけか最近モールス信号の特集が多いですね。モールス信号を打てれば、アマチュア無線は楽しいということを繰り返し記事にしています。反対にモールス信号をできないヤツはダメで、できる人は偉いということで、アマチュア無線は敷居が高いと感じるようになるのではないでしょうか? 自分は、モールス信号を覚えようとしている途中で、アマチュア無線がイヤになったのでモールス信号での交信はできていません。

HFアンテナの撤去

アマチュア無線をやめるにあたり、無線機の封印に続き、ベランダに設置していたHFアンテナを撤去しました。

HFアンテナといっても、モービルアンテナと10mのワイヤアンテナです。ワイヤアンテナは電線をベランダから庭に這わせてマニュアルのアンテナチューナーで同調させていました。いい加減なアンテナでしたが、それでもコンデションがよいときには、北は北海道、南は宮崎まで5Wで交信できていました。

あとはVHF/UHFのグランドプレーンアンテナとディスコーンアンテナです。部屋までのケーブルも撤去しなければいけません。

「アマチュア無線 倫理」って検索されても

このブログはWordPresで運用していますが、WordPressはいろいろなプラグインで機能を追加できるのは便利です。お勧めはAnalytics360°というGoogle Analyticsのアクセス解析をWordPressのダッシュボードで参照できるプラグインです。ここでどのくらいページビューがあるとかを見ることができます。

どんな検索キーワードで検索されて見られているかもわかるのですが、最近は「アマチュア無線 倫理」が1位でした。何でまたこんなキーワードで検索されているのしょうか? どうやらアマチュア無線の世界では倫理を気にされている方が多いのでしょうか? その辺が気持ち悪いので、私の場合はアマチュア無線から逃げ出したのですが。

アマチュア無線をやめたので封印しました。

以前の記事の通り、アマチュア無線をやめることにしたので、無線機、アンテナその他を段ボールに詰めて封印しました。

Googleリーダーで読んでいた、ハムのブログの設定も削除、メーリングリスト関係も削除しました。Hamlogのデータはしばらく残します。

あとは、ベランダに設置したアンテナを撤去するだけになります。

魅力あるアマチュア無線の世界になるまでさようならです。