地上波アナログ放送停止に向けての準備

やだといって、地上波アナログ放送が停止になりますので、その向けての準備です。早く対応しないと、間近になって慌ててもいけないので、今から準備です。

今管理しているアパートをどうするか、一軒はケーブルテレビを全戸でまとめて契約済み、その他は普通の地上波アンテナで受信しています。

アンテナで受信している物件は、地上波デジタル用のアンテナを立てないといけないのですが、ケーブルTVが問題。アパートの管理会社によると、ケーブルTV会社によっては、TVの地デジチューナーだけでは受信できなく、ケーブルTV専用のチューナーをレンタルしなければいけない会社もあるそうだ。

ケーブルテレビに契約している入居者はいいのですが、契約していない入居者は、アナログ放送はケーブルTVから無料で受信している。もし、チューナーをレンタルするとなると、管理者側が負担になります。

そこで、ケーブルTV会社に連絡をとって確認しました。幸いのことに、そのままチューナーなしに地デジは視聴できるのこと(TV側に地デジチューナーが必要)、つまり電波がそのままケーブルTVから受信できる(パススルーとか言うらしい)。よかった。

しかし、注意事項がありました。宅内のアンテナ配線によって、きれいに受信できないかもしれないと言うことと、双方向のサービスが受けられないこと。後者は使いたければ電話回線で入居者負担にすることはできますが、前者はつなげてみなければわからないという説明でした。

結局、地デジの電波が届いて、地デジ対応テレビに買い換えても、宅内のアンテナ配線を見直さないと完璧な地デジ対応にならないということ。そこまでは必要ないといえばそうなのですが、一度きれいな画面を見てしまうとそうは言えない。

このページは xfy Blog Editor?を利用して作成されました。