個人のための個人情報保護法って?

またまた以前電話があった証券会社から電話セールスがありました。

どこから電話番号と名前を知ったかという質問に、

「XX高校の同窓会名簿です。」

どこから名簿を手に入れたかという質問には、

「XXXデータサービスです。」

という答え。勝手に使っていいの? という質問には、

「その名簿会社は信頼ある名簿会社なので大丈夫です。ご希望ならば、削除します。」

と言ってきました。削除をお願いしましたが、電話を切ってよく考えてみると、その信頼ある(?)名簿会社には、利用をお願いしたわけでもありませんし、まして第3者に提供を許しただけではありません。「とりあえず名簿を出してしまえ。言われたら削除すればいいさ。」といった感じでしょうか・・・。

結局、現在の個人情報保護法というのは、事業者の個人情報の取り扱いのルールを定めたもので、強い罰則を定めたものではなさそうですね。個人情報保護法の話題としては、事業者自身がどうやって守るかを述べていることが多いですし。個人からすると今回のような名簿が出回っているくらいで、いちいち自治体の窓口に相談するということはしませんし・・・。

と言っていると、今度は町内会名簿を使って、塗装業者から電話がありました。この地区を一軒一軒電話をしているそうです。

電話セールスの電話をとるたびに、大きな虚脱感を感じるこのごろです。とにかく、無用なセールス電話を取りたくないだけなんですが。