今度は代替機の交換

現在XPRERIA UL SOL22の修理中ですが、SOL21を代替機でauショップから出してもらっています。しかし、SOL21が充電できなくなりました。

1日目でUSBコネクタのキャップがとれ、今日はUSBケーブルが差し込めなくなりました。キャップがとれたのは我慢できるのですが、USBケーブルが差し込めないと充電できません。仕方ないのでauショップに行って何とかしてもらいます。

たまたま窓口の担当者は、代替機を用意してもらった人でしたので、今までの経緯の話が通じます。しかし、現物を見せたら修理費を請求しようとします。だけど、壊れたのはすぐだったので、こちらが別に悪くないのではないかと説明します。しかも、バッテリーも半日しかもたないし、と理由を並べていくと向こうも折れて請求はしないということになりました。ここでキチンと交渉しておかないと、修理費を1万円を取られるところでした。

こちらとしては、auのサポートがどうしても修理してくれてとお願いされて、古くて劣化した端末を渡されて、「ほれ、壊れたから1万円な。」なんてお金を取られたらわやなことです。

さて、SOL22と似たような代替機の在庫がないそうで、大きな画面のG Flex LGL23という本体が曲がった機種になりました。とても大きいです。これでないと同じサイズのSIMカードが使えないのです。こちらとしては、壊れないような機種にしてくださいというリクエストで仕方ないということでLGL23になりました。だけど、画面がでかいだけで、文字が大きいしちょっと下品なスマートフォンなのです。貸してもらってこんな言い様はありませんけど。

今は、アプリをPCからGooglePlayを使ってチマチマインストールしているところ。どうせ1~2週間でまた元の端末に交換するから、最低限のアプリをインストールすることにしておきます。