電工試験の工具セットが売れたので、あらためて工具を買い直す

第二種電気工事士試験に受かったので工具を売る、と書きましたが、ようやくちょっと強気な値段で本日アマゾンマーケットプレースで売れました。ヤフオクよりもアマゾンマーケットプレースのほうが入金や連絡も楽だし、価格が固定で確実です。

今回工具セットを売ってしまいましたので、代わりの工具を単体で買い揃えます。なるべく長く使えるように信頼性の高いものと、作業が楽できるものを選びます。

電工ペンチ

ホーザンのセットに入っていた電工ペンチは、あまりよく切れなかったので、大きめの柄で切れそうなペンチを選びました。標準サイズのペンチは既に持っていますので、敢えて大きなペンチにしました。

VVFストリッパーのほうがケーブルをスパッと切ることができるので、特に問題ないかもしれません。ニッパーも買おうか迷いましたが、今回はやめておきました。必要になれば買うでしょう。

リングスリーブ用圧着工具

ホーザンのセットでは大のサイズまでのリングスリーブを圧着できましたが、今度は中まで圧着できるものにしました。大は必要ないかもしれません。それと、あまり力を入れずに圧着できるものにしました。ホーザンのセットに入っていた圧着工具は、とても力がいりました。でも、リングスリーブ用圧着工具って、これから必要になるのでしょうか?

電工ナイフ

特に必要なさそうなので買いませんでした。必要になれば買います。ストリッパーでケーブルが剥けますし。

電工ナイフを使えない電気工事士は許さない、何て言わないでね。

ウォーターポンププライヤー

あれば使うだろうということで、小さいプライヤーにしました。大きいものでしたら工具箱に収まりきれませんので。実際はウォーターポンププライヤーがなくてもモンキーレンチで何とかなってしまいます。力の入る大きなプライヤーが必要になれば、そんなに高くないので買い足します。

電気工事以外でも挟んでねじるという作業が必要ですので、持っていても損はありません。

プラスドライバー、マイナスドライバー

こちらは既に持っているもので事足るので、改めて買いませんでした。マイナスドライバーはスイッチを枠に取り付けるくらいしか使いませんが、ないとないとで困ります。プラスドライバーはラチェット付きが楽です。一般的な#2があれば十分です。

布尺

今持っているメジャー(スチールの巻き尺)で大丈夫です。布尺は実技試験以外では特に必要ありません。

あと、テスターを買いました。今まで持っていたテスターは秋月の1000円テスターでしたので、カッコだけでもいいものにしてみました。

そして検電ドライバーも。

でも、電気工事士の実技試験で本当に追加で必要なのは、VVFストリッパーとリングスリーブ用圧着工具くらいでいいかもしれません。ゲーブルの皮むきやの字曲げなんて、教科書に書いてあるように電工ペンチと電工ナイフが必要、なんてことないしVVFストリッパーでやった方が確実、安全、速いし。ドライバーやプライヤー、メジャーは既に持っているものを使えばいいし。その位はみんな持っているでしょう。事実受験した実技試験はジョイントボックスの問題が出なかったので、VVFストリッパーとリングスリーブ用圧着工具、ドライバーだけで済んでしまいまいました。

まあ、こんな感じで電気工事の工具を揃えています。どうせ電気工事事業者に登録できませんし、電気工事は商売ではなくて身の回りの簡単な工事をするくらいですので、これで十分かと思います。