amazon出店サービスにアップしている本の整理

売れそうにもない本をamazon出店サービスから下ろします。自分で決めている最低価格に競合がたくさんあって、これは絶対に売れないと思う本を整理していきます。送料くらいは確保したいので、送料以下には値段を付けません。

ソフトの解説本ではバージョンアップしてしまって今と違いが大きいものはやはり売れません。これは当たり前のことですけど。例えばWordpressとかjQueryなどのちょっと古めの本は売れません。

それとどういう訳かRuby関係は売れません。ネットに情報が多いので解説本は必要ないのか、開発のサイクルが速くて情報が頻繁にアップデートされていっているのか、ユーザーは印刷されている書籍はあてにしていないのか、それとも単にケチなのか・・。

下ろした本は、ブックオフにまとめて買い取りに出しました。アマゾンに出した方がブックオフよりも10倍は返ってきます。でも、梱包したり送ったり値段を付け替えたりと、とても手間はかかります。

Mune Ando – Google+ – amazon出品サービスで本を販売中 …
amazon出品サービスで本を販売中

というわけで、いらない本を出品しています。出品の登録は簡単です。amazonで本のページを検索して、マーケットプレイスに出品のボタンを押して、ごにょごにょ設定します。

「amazon出店サービスにアップしている本の整理」への1件のフィードバック

  1. ブックオフから買い取りの回答があった。28冊で220円だった。1冊10円以下です。まあ、そんなものですか・・・。

コメントは停止中です。